遠野醸造 太田睦代表取締役<1>ダメな京大生が絶頂のNECへ

公開日: 更新日:

「太田さん、会社辞めて元気になりましたね」

 サラリーマン時代の元同僚たちから、今はこんなふうに言われるそうだ。

 元同僚たちは皆、太田が造るビールを飲むために、岩手県遠野市まで足を運んでくれる。

 クラフトビールを手掛ける「遠野醸造」は、2017年11月に設立。翌18年3月、醸造免許を取得してビールの生産を開始した。同5月には、醸造施設に併設するビアレストランをオープンさせ、「おかげさまで初年度から黒字です」と胸を張る。

 JR釜石線の遠野駅前にある同社で、太田は代表取締役・醸造責任者を務める。川崎市麻生区の自宅には、たまにしか帰らない。新幹線は使わず、“愛車”のホンダVTR250にまたがり、東北道を爆走して行き来する。

 もっとも、“民話の里”として知られる遠野市とは縁もゆかりもなかった。さらに、ビールとは関係のない数理工学が専門で、博士号も持つ。そんな元サラリーマンが、どうして“今”に至ったのか。そこには、激動を駆け抜けてきた男の“生きざま”がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜を見る会」私物化を白状 下関市長の歪んだ“特権意識”

  2. 2

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

  3. 3

    名簿破棄の大嘘 安倍首相「シンクライアント」でまた墓穴

  4. 4

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  5. 5

    すわ解散か…二階幹事長の“広報指令”に会期末の永田町激震

  6. 6

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  7. 7

    大往生で称賛記事があふれた中曽根康弘元首相の“犯罪”

  8. 8

    萩生田大臣の発言 あんた総理ファーストじゃなかったっけ

  9. 9

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  10. 10

    巨人との契約残し…山口俊メジャー挑戦の裏に5億円大豪邸

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る