神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

公開日: 更新日:

 戦後最悪の日韓関係は改善に向かうのか、さらに泥沼化するのか。安倍政権が発動した対韓輸出規制に反発した文在寅政権は報復措置としてGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を通告したものの、土壇場で条件付き継続に舵を切った。すると今度はその経緯をめぐって小競り合い。韓国政治の専門家は日韓の展望をどう見ているのか。

  ◇   ◇   ◇

 ――GSOMIA継続の背景に「米国のプレッシャーがあるのは明確だ」と指摘されています。

 文在寅政権がGSOMIA破棄に踏み込んだ目的は、米国を日韓問題に介入させ、関係を悪化させた日本の責任を問おうとの計算からでした。最悪でもケンカ両成敗に持っていけると考えていた。ところが、目算は外れ、米国は経済問題で安全保障を犠牲にするのはけしからんと怒り、韓国が叩かれるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  6. 6

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  7. 7

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  8. 8

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  9. 9

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  10. 10

    全日本5回戦で高校生に完敗 平野に問われる五輪代表の資質

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る