孫崎享
著者のコラム一覧
孫崎享外交評論家

1943年、旧満州生まれ。東大法学部在学中に外務公務員上級職甲種試験(外交官採用試験)に合格。66年外務省入省。英国や米国、ソ連、イラク勤務などを経て、国際情報局長、駐イラン大使、防衛大教授を歴任。93年、「日本外交 現場からの証言――握手と微笑とイエスでいいか」で山本七平賞を受賞。「日米同盟の正体」「戦後史の正体」「小説外務省―尖閣問題の正体」など著書多数。

米国が日韓関係の基調を決めることを示したGSOMIA騒動

公開日: 更新日:

 韓国政府が日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の失効期限を迎えた23日の直前、一転して維持を表明した。

 韓国がGSOMIAを維持しないと決めたのは、徴用工問題と関係している。韓国大法院は昨年11月、三菱重工業に対して、第2次世界大戦中に同社の軍需工場で労働を強制された韓国人の元徴用工らに対する賠償支払いを命じた。この判決に日本政府は反発し、貿易管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」のリストから、韓国を除外する閣議決定をした。ホワイト国に指定されているのは、米英独など二十数カ国に上っている。

 日本政府は韓国を「ホワイト国」から排除するに当たり、徴用工問題を直接的には取り上げず、「韓国の輸出管理制度が不十分で、安全保障上の懸念がある」とした。よって、韓国は対抗するために安全保障上の問題を取り上げ、GSOMIAで日本との協力関係を停止する意向を表明した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  3. 3

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  10. 10

    理想の打順を「1番から9番までイチロー」と答えた野村監督

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る