北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

公開日: 更新日:

「遠からずわが国の戦略的地位を変化させるうえで重要な作用をするだろう」――。

 北朝鮮の国防科学院の報道官が8日、国営メディアを通じて北西部の東倉里の西海衛星発射場で7日に、「非常に重大な実験を行った」と発表。北は非核化交渉を巡り、米国に経済制裁の解除などについて「年内」の譲歩を迫っているが、米朝対立が年明けに再燃するかもしれない。

 実験の詳細は明らかにされていないが、北が発射を自制している大陸間弾道ミサイル(ICBM)の新型エンジンの噴射実験ではないかとみられている。北は昨年6月の米朝首脳会談の直前、ミサイル実験の停止と核実験場の廃棄を表明したものの、エンジン実験は約束の“範囲外”という理屈のようだ。

 ここ最近の北の言動を見ると、「重大実験」の“予兆”はあった。

 北が先月28日に超大型放射砲(ロケット砲)と呼ぶ短距離弾道ミサイルを発射したことについて、英仏独など欧州6カ国が国連安全保障理事会の緊急協議後に北を非難する共同声明を発表。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2横綱1大関に続き朝乃山も撃破 好調遠藤を支える謎の新妻

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    仮出所した中江滋樹を高級車で迎えた意外な人物とは?

  4. 4

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  5. 5

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

  6. 6

    地上波から消えた不当を証明した「新しい地図」のスター感

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  9. 9

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  10. 10

    3年近い拘置所生活 つかの間の保釈期間は女と遊びまくった

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る