山田英生
著者のコラム一覧
山田英生ライター・編集者

1968年生まれ。夕刊紙、週刊誌の記者を経て、フリーに。現在、週刊誌「アサヒ芸能」を中心に暴力団ものを取材、執筆。共著に「『暴力団壊滅』論 ヤクザ排除社会の行方」(筑摩書房)

温情あっての統率力 除籍処分の大物・後藤組長も信奉者に

公開日: 更新日:

 その辣腕ぶりが畏怖される、6代目山口組の髙山清司若頭。山口組の伝統である「信賞必罰」に非情なまでに徹し、「憎まれ役」を自らに課しているようにみえる。実際はどうなのか。

■直参13人を除籍、破門、絶縁


 髙山若頭の豪腕ぶりが発揮された事件として知られるのは、2008年に起きた後藤組・後藤忠政組長への除籍処分と、それに異を唱えた直参13人を破門、絶縁に追い込んだ「大量処分事件」だろう。

 後藤組長は5代目山口組の若頭補佐も務めた人物。大物経済ヤクザとして知らぬ者がなかった。それでも髙山若頭は、「病気を理由に会合を欠席しておきながら有名人を呼んで派手な誕生祝いのパーティーを開いた」ことが綱紀に反するとして除籍処分とした。

 後藤組長が大物ということもあって、処分理由には首をひねる者も多かった。納得しない後藤組長が反旗を翻すとの臆測も流れ、一時緊張が高まったのも事実だ。事情通が明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  2. 2

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  3. 3

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  8. 8

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

  9. 9

    祖母が64年前に着たドレスで…花嫁が「そっくり」と話題に

  10. 10

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る