新型肺炎パニックで飛び交う怪情報…生物兵器流出説まで

公開日: 更新日:

 トンデモ情報なのか本当なのか――。中国・武漢発の新型コロナウイルスによる肺炎は日を追うごとに拡大。こうした“コロナパニック”に拍車をかける仰天情報がネット上で飛び交っている。

 英タブロイド紙「デーリー・メール」は23日、〈武漢市のバイオセーフティー施設は中国国内で唯一、SARSやエボラなどの危険な病原体を研究する施設である〉と紹介。英誌「ネイチャー」の記事を引用しながら、次のように危険性を指摘した。

〈武漢の研究施設が開設された2017年、科学者らはその施設からSARSのようなウイルスが漏洩する恐れがあると警鐘を鳴らしていた〉

〈当該施設は(ウイルスの発生源とされる)海鮮市場から約20マイル離れたところにあり、発生の震源地が偶然なのかどうか疑っている人もいる〉

 新型ウイルス発生の原因を武漢のウイルス研究施設に結びつけているのだ。ただし、デーリー・メールはウィキペディアから「事実確認に乏しく扇情的」との烙印を押され、英語版での引用を禁止されている媒体である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る