コロナ感染“第1号”なら開幕は水の泡 球団医療部門ピリピリ

公開日: 更新日:

 去る3日、プロ野球のNPB(日本野球機構)は、サッカーのJリーグと合同で「新型コロナウイルス対策連絡会議」を開催した。3人の専門家による意見、判断を仰ぎながら、20日に開幕予定の公式戦を通常開催できるよう、対策を練っている。

 とはいえ、日本全国でコロナウイルス感染者は増加の一途をたどり、終息する気配はない。無観客試合になったとはいえ、オープン戦を戦う12球団の選手、関係者たちも、気が気じゃないという。

 4日、日本ハム巨人は、前日に続いて感染者が増え続ける北海道で試合を行うなど、全国各地で感染リスクとも戦っている。大半の球団の選手、関係者は外出禁止となり、ホテルや自宅に缶詰めになっているが、いくら予防をしても、相手は見えざる敵だ。試合をするために全国各地を電車や飛行機、バスで移動しているだけで、感染しないとも限らない。ベンチやロッカーの雰囲気も平素のように穏やかではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  6. 6

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  7. 7

    自粛要請も海外旅行→コロナ感染→卒業式出席の呆れた行動

  8. 8

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  9. 9

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る