三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

主要3部門で受賞「新聞記者」の快挙は反安倍の広がり示す

公開日: 更新日:

 先週の日本アカデミー賞には驚いた。最優秀作品賞に加え、最優秀主演男優賞、最優秀主演女優賞の主要3部門を「新聞記者」が受賞(優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀編集賞も受賞)。反安倍が色濃く反映された作品が高い評価を受けたのだ。

 日本アカデミー賞は会員である映画関係者の投票で決まる。会員には東宝、松竹、東映といった大手3社の社員が多く含まれているので、以前から「会社の号令によって結果が決まる出来レースではないか」との指摘もされてきた。

 今回の「新聞記者」は独立系の作品である。しかも森友・加計学園の疑惑をモチーフにしていて政治色が強い。原案は、鋭い追及で菅官房長官をタジタジとさせている東京新聞の望月衣塑子記者の同名ノンフィクション。そんな作品に映画人がこぞって票を投じたのだ。安倍さんは「政治家にならなかったら映画監督をやりたかった」などと言っていたが、本人は映画界から相当嫌われているらしい。映画関係者の間で「ノット安倍」は深く浸透しているのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る