三枝成彰
著者のコラム一覧
三枝成彰作曲家

1942年、兵庫県生まれ。東京芸大大学院修了。代表作にオペラ「忠臣蔵」「狂おしき真夏の一日」、NHK大河ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優駿ORACIÓN」など。2020年、文化功労者顕彰を受ける。

新型コロナ対策は当然だが「桜」の疑惑追及も緩めるな

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルス暮らしが脅かされている。オフィス街や繁華街は活気を失い、学校も機能停止。スーパーではマスクや紙製品の買い占め、品不足の問題が深刻化している。景気は急激に落ち込むだろう。恐慌を懸念する声も聞かれる。安倍さんたちが必死になって下支えしてきた日本株も失速、日経平均の2万円大台割れは時間の問題だ。

 ただ、大変な事態に直面しているからといって、別の重大な問題を見逃していいわけがない。安倍さんが「桜を見る会」を私物化し、支持者の接待に利用した疑惑だ。反社会的勢力も招待し、それがばれそうになると証拠の名簿を処分した疑いもある。前夜に都内のホテルで会費5000円のパーティーを開きながら政治資金収支報告書に記載していないことも法律を軽んじた行為である。

 野党が今、国会でこの問題を追及すると、「もっと大事なことがあるだろう」「今は国難なのに何をやっているのか」と文句を言う人たちがいるが、大事なことを審議できないようにしている張本人は安倍さんだ。名簿や伝票など証拠となる資料を提出すればとっくに終わっている話である。それを拒むから長引いているのだ。今ここで新型コロナ対策を理由に真相解明の手を緩めればモリカケと同じ。うやむやで終わってしまう。そうなれば、また安倍さんは好き勝手なことを始めるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

    小栗旬が米国に再移住を決めた裏に…“大好きな先輩”西島秀俊の些細なひと言

  2. 2
    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

    プロ注目左腕の京都国際・森下瑠大 初戦3回4失点KOにニンマリの球団

  3. 3
    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

    巨人球団ワースト記録更新の8本目“満塁本塁打病”…ベンチで真っ青なコーチ2人の名前

  4. 4
    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

    有田芳生氏「統一教会は毎月1億円の『対策費』で『政治の力』に頼った」

  5. 5
    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  1. 6
    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

    六平直政さん「オレの髪がフサフサだった頃、唐十郎さんと長男・義丹と伊豆で撮った1枚は…」

  2. 7
    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

    山田優は第4子出産でも辻希美「ママタレ女王」の座は奪えない…アンチの存在がネックに

  3. 8
    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

    旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

  4. 9
    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

    猛暑もぶっ飛ぶ人気の「ホラー映画」ベスト3…堂々トップは邦画の金字塔だった!

  5. 10
    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず

    旧統一教会は大打撃…「安倍元首相銃撃事件」以降に被害相談爆増し“正体隠し”通用せず