ダムはムダ!米国ではダムを壊し生態系回復の公共事業進む

公開日: 更新日:

 長年の付き合いだが、長崎県の川棚町に住む住職がおってな。十数年ぶりに拙僧の寺を訪ねてこられた。何やら、地元の人々と国会に請願のため上京したという。

 ちょうど、閻魔堂会議の日じゃったから、ついでに話をしてもらった。

 川棚町は佐世保市に隣接しており、町中を南下する川棚川が大村湾に注いでおる。河口から近いところで、小さな支流である石木川が合流する。

 問題はこの石木川の上流に、必要のないダムを県が建設しようとしていることじゃ。1962年に無断で測量を開始、地元民の抗議で一度は中止した。72年には、建設の必要が生じた時は、地元と協議し、書面で同意書を作ることになった。ところが、82年になると、機動隊を入れ、強制測量を実施。そして、60年後の今、土地収用法をかざして、住民の土地をダム湖の底に沈めようとしておる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  3. 3

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  4. 4

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    コロナ対策の休業補償 あからさまな夜職差別に批判殺到

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    加藤綾子リストラ危機…視聴率低迷と交際発覚のWパンチ

  10. 10

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

もっと見る