堀田佳男
著者のコラム一覧
堀田佳男ジャーナリスト

1957年東京生まれ。早稲田大学文学部卒業、アメリカン大学大学院国際関係課程修了。米情報調査会社などを経て1990年に独立。以来、ワシントンDCを拠点に政治、経済、社会問題など幅広い分野で取材・執筆。25年間の滞米生活を経て2007年帰国。国内外で精力的にジャーナリスト活動を続ける。著書に「大統領はカネで買えるか」「大統領のつくりかた」「エイズ治療薬を発見した男 満屋裕明 」など。

<3>CMはバイデン8万本vsトランプ3万本 資金力勝負はいかに

公開日: 更新日:

 投票日(11月3日)まで2週間を切った。トランプ・バイデン両氏は激戦州を飛び回って「最後のお願い」に多忙な日々を送る。日本のメディアも両氏の遊説を紹介しているが、実は残り2週間の時点で、勝負はすでについていると思われる。ただ結果が出ていないだけである。

 というのも、9割の有権者はすでにどちらに投票するかを決めているためだ。両陣営は今、態度を決めかねている約1500万人の有権者を獲得するために奔走している。

 選挙終盤で重視されるのがテレビを使った選挙CMである。激戦州でのCMの打ち合いは熾烈を極めているのが現実だ。ネットの時代であっても、特にフロリダ州、ペンシルベニア州、アリゾナ州の3州では古典的なCM合戦が繰り広げられている。

 いくつかのCMを見ると、バイデン氏はトランプ氏のコロナ対応の悪さを責めているだけでなく、トランプ政権が続く限り社会保障制度と高齢者向けの医療保険制度が危機に瀕すると訴えている。一方のトランプ氏は、バイデン氏を「急進左派の操り人形」であると指弾し、コロナ禍による経済回復を自分の手柄であるとしている。さらにバイデン政権が誕生した時には憲法修正第2条で保障された銃の所有が脅かされるばかりか、増税されると訴える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

もっと見る