保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

青年将校その他民間右翼によるクーデター計画「10月事件」

公開日: 更新日:
柳条湖事件(満州事変)で関東軍が占領した奉天(現瀋陽)の街並み=1931(昭和6)年9月19日(日本電報通信社撮影)

 3月事件の挫折から6カ月後の9月に満州事変が起こった。この事件は、関東軍参謀の石原莞爾を中心に練られた謀略事件であった。張学良軍が駐屯している柳条湖付近で線路の爆発を行い、これをきっかけに満鉄沿いの主要都市を占領するという、極めて荒っぽい作戦であった。こうした軍事行動に張学良は…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  7. 7

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る