鶏卵汚職、桜、GoTo…へたれ野党は不信任案なぜ提出しない

公開日: 更新日:

 国会終盤に飛び出した自民党議員の「鶏卵汚職」疑惑。農水大臣(当時)が、大臣室で鶏卵業者から現ナマを受け取っていた疑惑が浮上しているのだから、ただ事じゃない。

 ところが、国会は5日(土)に予定通り閉会する方向だ。野党は会期延長を求めているが、自民党は数の力で拒否するつもりだ。来年1月まで1カ月半も国会は開かれないことになる。このままでは「鶏卵汚職」は、国会でまったく審議されない恐れがある。

 国会を閉じて野党の追及から逃げようとしている自民党政権もどうしようもないが、この期に及んでも「内閣不信任案」の提出を見送ろうとしている野党もどうかしている。この国会で不信任案を提出しなかったら、野党は5国会連続で提出しないことになる。

■解散が怖い


「野党が不信任案を出さない理由は、国会閉会後も、閉会中審査を行うことで自民党と合意したからです。不信任案を提出してしまうと、閉会中審査が事実上できなくなってしまう。不信任を突きつけた相手と審議するのは理屈が通りませんからね。不信任案の提出より、閉会中審査を優先したということでしょう」(政界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る