森氏はそれでも会長職に未練タラタラ!女性蔑視の暴言問題

公開日: 更新日:

 世界中に憤りと呆れの声が広がっている。3日の日本オリンピック委員会(JOC)の評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などと女性蔑視の発言をした東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)に対してだ。

 ロイター通信とAFP通信は日本の報道を引用しつつ「性差別」と断じ、発言中に評議員から笑い声が漏れたことも紹介。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)も、「元首相の組織委会長、会議に参加する女性の制限を示唆」との見出しで蔑視発言を大きく報じている。

 森会長は4日午後に釈明会見を開く予定だが、驚くのはこの期に及んでも反省する様子がみられないことだ。同日、毎日新聞の取材に応じた森会長が「一般論として、女性の数だけを増やすのは考えものだということが言いたかった。女性を蔑視する意図はまったくない」などと説明していたからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る