澤章
著者のコラム一覧
澤章東京都環境公社前理事長

1958年、長崎生まれ。一橋大学経済学部卒、1986年、東京都庁入都。総務局人事部人事課長、知事本局計画調整部長、中央卸売市場次長、選挙管理委員会事務局長などを歴任。(公)東京都環境公社前理事長。2020年に『築地と豊洲「市場移転問題」という名のブラックボックスを開封する』(都政新報社)を上梓。YouTubeチャンネル"都庁OB澤章"を開設

森会長を辞任に追い込んだ“スナイパー”小池知事はズルい女

公開日: 更新日:

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が辞任に追い込まれた。引き金を引いたのは東京都の小池百合子知事(68)というのが世論の見立てである。当初、森氏の女性蔑視発言に対する小池知事の反応は煮え切らなかった。驚いて見せたかと思えば、記者の「辞任すべきか」の質問には、組織委が判断することとして明言を避けた。

 女性政治家のトップランナーとして、森会長への批判の狼煙を上げることもできたが敢えてしなかった。この態度は、物言わぬ関係者のような忖度の結果というより、世論の動向を見定めて自分に有利な状況が訪れるのをじっくり待っていたと解するべきだ。「ズルい女」を地で行く対応である。

 実際、小池知事は17日に予定されていた4者会談への欠席を一方的に表明した。これが辞任の流れを決定的にしたことは疑いようがない。会談に出席し、その場で堂々と自らの考えを表明するのが筋であるが、そんな火中の栗を拾うことはしない。すっと身を引くことだけで相手に決定的なダメージを与えた。やはり、「ズルい女性」である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る