澤章
著者のコラム一覧
澤章東京都環境公社前理事長

1958年、長崎生まれ。一橋大学経済学部卒、1986年、東京都庁入都。総務局人事部人事課長、知事本局計画調整部長、中央卸売市場次長、選挙管理委員会事務局長などを歴任。(公)東京都環境公社前理事長。2020年に『築地と豊洲「市場移転問題」という名のブラックボックスを開封する』(都政新報社)を上梓。YouTubeチャンネル"都庁OB澤章"を開設

小池都知事の若者向けコロナ感染予防ツイッターが酷すぎる

公開日: 更新日:

 しばらく元気のなかった小池知事に思わぬ追い風が吹いている。

 千代田区長選での都民ファーストの会だった前都議の当選に続き、森喜朗会長の女性蔑視発言を巡っては、男性議員が幅をきかす国会の現状にチクリと釘を刺すなど、旧態依然とした男社会をやんわりと諭す女性リーダーを演じるのに余念がなかった。

 そんな騒動の最中の2月5日、東京都の政策企画局からツイッターによる情報発信は行われた。どうやら若者に向けて発信されたようなのだが、この中身があまりに酷すぎて、憤る気にもなれない。脱力度マックスな代物なのだ。

■コロナ、やっぱこえーし

 題して<1都3県緊急事態宣言措置実施中 集まりたい、会いたいけど、感染しない、今は、#リモ活>である。20~30代の行動自粛が進まない状況に対し、行政からの情報が若者に届いていない――との指摘を受けて制作されたものである。SNSでのやり取りを模した形式になっている。短い内容なので、全文を転載する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る