保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。本連載「日本史 縦横無尽」が新書版「陰謀の日本近現代史」(朝日新聞出版)として好評発売中。

英国が日本に第1次世界大戦への参戦を求めた理由

公開日: 更新日:
青島を攻囲した日本軍の青島入城(1914年11月16日)/(C)共同通信社

 この戦争が特異な形で広がったという理由は、各国が相次いで自国エゴをもとに参戦を決定したその思惑にあった。あえてその理由を考えていくと、イギリス、フランスなどの先進帝国主義がすでに持っている権益を、ドイツが武力で奪取しようとした帝国主義間の戦争と言えた。さらにフランス、ドイツ、そ…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  9. 9

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る