空から390億円 輸送機破損で“金の延べ棒”大量落下の珍事

公開日:  更新日:

 ロシア・シベリアのヤクーツク飛行場で15日午後、離陸中の貨物機の機体下部が破損し、搭載してしていた金やプラチナなどの延べ棒の一部が滑走路にまき散らかされる“珍事”が起きた。

 15日付の地元英字紙ザ・サイベリアン・タイムズ(電子版)などによると、事故を起こしたのは、カナダのキンロス・ゴールド社が株式を75%所有する半官半民企業の輸送機AN-12。金やプラチナなど約9・3トン、総額約210億ルーブル(約387億円)相当を搭載していた。

 同機はクラスノヤルスクに向かう予定だったが、ヤクーツク北西26キロのマガン空港に緊急着陸。たどり着くまでに機体の破片なども地上に落下したが、幸い負傷者などは出なかった。

 貴重な貨物が全て落下したかどうかは明らかになっていないが、当局はすぐに滑走路を閉鎖し、これまでに金の延べ棒172本、3・4トンを回収。ヤクーツク空港で離陸作業などを行った地上作業員の身柄を拘束し、事情聴取しているという。動画などで機体の破損状態をみた専門家の1人は「金は見た目より重い。積載限界量を超えて貨物を積んだのではないか」との見方を示した。

 写真は同紙がユーチューブに投稿した動画のひとコマ。滑走路一面に金の延べ棒が散らばるさまは、なかなか壮観だ。ヤクーツクからマガン空港の間では、地元住人による“宝探し”が始まるかも?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る