• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

空から390億円 輸送機破損で“金の延べ棒”大量落下の珍事

 ロシア・シベリアのヤクーツク飛行場で15日午後、離陸中の貨物機の機体下部が破損し、搭載してしていた金やプラチナなどの延べ棒の一部が滑走路にまき散らかされる“珍事”が起きた。

 15日付の地元英字紙ザ・サイベリアン・タイムズ(電子版)などによると、事故を起こしたのは、カナダのキンロス・ゴールド社が株式を75%所有する半官半民企業の輸送機AN-12。金やプラチナなど約9・3トン、総額約210億ルーブル(約387億円)相当を搭載していた。

 同機はクラスノヤルスクに向かう予定だったが、ヤクーツク北西26キロのマガン空港に緊急着陸。たどり着くまでに機体の破片なども地上に落下したが、幸い負傷者などは出なかった。

 貴重な貨物が全て落下したかどうかは明らかになっていないが、当局はすぐに滑走路を閉鎖し、これまでに金の延べ棒172本、3・4トンを回収。ヤクーツク空港で離陸作業などを行った地上作業員の身柄を拘束し、事情聴取しているという。動画などで機体の破損状態をみた専門家の1人は「金は見た目より重い。積載限界量を超えて貨物を積んだのではないか」との見方を示した。

 写真は同紙がユーチューブに投稿した動画のひとコマ。滑走路一面に金の延べ棒が散らばるさまは、なかなか壮観だ。ヤクーツクからマガン空港の間では、地元住人による“宝探し”が始まるかも?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  9. 9

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る