伊藤博敏
著者のコラム一覧
伊藤博敏ジャーナリスト

1955年福岡県生まれ。東洋大学文学部哲学科卒業。編集プロダクション勤務を経て、1984年よりフリーに。経済事件などの圧倒的な取材力では定評がある。数多くの週刊誌、月刊誌のほか、現代ビジネスなどウェブニュースサイトにも寄稿。主な著書に「許永中『追跡15年』全データ」(小学館文庫)、「『カネ儲け』至上主義が陥った『罠』」(講談社+α文庫)、「金融偽装─米国発金融テクニックの崩壊」(講談社)、「黒幕」(小学館)などがある。

これも国策捜査? 前川氏が率いた文科省に鉄槌下したのか

公開日: 更新日:

「公判でどんなに頑張って主張しても、結局、横並びの報道にしかならないんですね」

 こう肩を落とすのは、収賄罪に問われ、8月22日、検察側が懲役1年6月を求刑した文部科学省・元国際統括官の川端和明被告である。検察側は論告で医療コンサルタントの谷口浩司被告に「積極的に便宜を図った」と指摘。これに対して弁護側は「特別な便宜は図っていない。飲食を賄賂とするにはムリがある」と無罪を主張した。

 川端被告は30分に及ぶ最終陳述を行い、会食の事実は認め、深い反省の弁は述べたものの、「賄賂と思って飲食したことは一度もない」と、そこは強く否定した。

 川端被告の陳述は、反省の裏に文科省を狙い撃ちにした検察捜査や、そう主導した官邸への不満をにじませるもので、聞き応えがあった。だが、検察と価値観を共有する新聞・テレビの司法マスコミは、被告の断罪による一罰百戒を自らの役割と心得ており、被告の弁明には耳を傾けない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    コスパ最高…フワちゃんの独走でおバカタレント“廃業危機”

  2. 2

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  3. 3

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  4. 4

    ピーチマスク拒否男が49歳鼻出しマスク受験生に同情の噴飯

  5. 5

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  6. 6

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  7. 7

    大関・貴景勝の休場は左足故障で…「太りすぎ」原因の指摘

  8. 8

    変異種感染力70%増で「致死率14倍」…2~3カ月後に主流化

  9. 9

    “下り坂”FA田中「年15億円要求」欲張りすぎ…8億円が妥当

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る