選手もビックリ 西武・伊原新監督を支える「新体制」の面々

公開日: 更新日:

「袴田コーチは居郷球団社長と法政大学野球部では同じ釜のメシを食った仲。居郷社長は法大で主将を務めるなど、当時の野球部人脈はいまだに健在というところでしょう。清川コーチは選手としてもコーチとしても広島で長く活躍。同県出身の伊原監督とは気脈が通じると球団が判断したのではないか。袴田コーチは伊原監督と同じスポーツ紙で連載をしていたので、縁がないこともない」

 それにしても、なぜこんな「人事」になったのか。
「オファーを出したが、軒並み断られたというのが真相のようです。伊原監督は西武のコーチ時代から、選手に容赦ない鬼軍曹。公衆の面前で罵倒された者もいて、すっかり嫌われている。04年のオリックス監督時代も一から十まですべて自分が管理しないと気が済まない性格なので、コーチ陣からも不評。『西武でコーチはしたいけど、あの人の下ではやりたくない』という人は多い」(前出の関係者)

 ちなみに監督の契約年数を聞かれた居郷社長は「ウチは一年一年が勝負」と言った。新しい首脳陣は意思疎通が図れるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  3. 3

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  4. 4

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  8. 8

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  9. 9

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

  10. 10

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

もっと見る