古巣ソフトバンクが「川崎は来季もメジャー残留」と見る根拠

公開日: 更新日:

「来季のソフトバンク復帰? そげなことはわからんでごわす」

 30日、故郷の鹿児島弁でこう言って、報道陣を笑わせたのがブルージェイズの川崎宗則(32)。古巣ソフトバンクの秋季練習最終日にヤフオクドームを訪れた際の一幕だ。

 川崎は今季、ブルージェイズの控え内野手として96試合に出場。打率.229、1本塁打、24打点、7盗塁は、内野のスペアなりの数字だ。来季契約の選択権を持っているブルージェイズの判断次第では自由契約になりかねない。

 そんな川崎に対し、ソフトバンクは川崎の移籍前の背番号「52」を空けているが、あるソフトバンクの球団関係者は「日本に戻ってくるかどうか」とこう言う。

「川崎は11年オフにマリナーズ入りした時、まるで憧れのイチロー(現ヤンキース)を追っかけて渡米したかのように言われていた。しかし、それは川崎の戦略。渡米前に『イチローさん、イチローさん』と名前を連呼していたのは、日本球界を去ることへの非難の声を封じ、『大好きなイチローのためなら仕方ないか』と地元ファンを納得させるためです。川崎の頭にあるのは、いかに自分がメジャーで通用する選手になるか、ということだけ。もちろん、川崎が日本球界に復帰するときはウチも取りにいくが、それも当分先の話でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る