• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

古巣ソフトバンクが「川崎は来季もメジャー残留」と見る根拠

「来季のソフトバンク復帰? そげなことはわからんでごわす」

 30日、故郷の鹿児島弁でこう言って、報道陣を笑わせたのがブルージェイズの川崎宗則(32)。古巣ソフトバンクの秋季練習最終日にヤフオクドームを訪れた際の一幕だ。

 川崎は今季、ブルージェイズの控え内野手として96試合に出場。打率.229、1本塁打、24打点、7盗塁は、内野のスペアなりの数字だ。来季契約の選択権を持っているブルージェイズの判断次第では自由契約になりかねない。

 そんな川崎に対し、ソフトバンクは川崎の移籍前の背番号「52」を空けているが、あるソフトバンクの球団関係者は「日本に戻ってくるかどうか」とこう言う。

「川崎は11年オフにマリナーズ入りした時、まるで憧れのイチロー(現ヤンキース)を追っかけて渡米したかのように言われていた。しかし、それは川崎の戦略。渡米前に『イチローさん、イチローさん』と名前を連呼していたのは、日本球界を去ることへの非難の声を封じ、『大好きなイチローのためなら仕方ないか』と地元ファンを納得させるためです。川崎の頭にあるのは、いかに自分がメジャーで通用する選手になるか、ということだけ。もちろん、川崎が日本球界に復帰するときはウチも取りにいくが、それも当分先の話でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る