古巣ソフトバンクが「川崎は来季もメジャー残留」と見る根拠

公開日: 更新日:

「来季のソフトバンク復帰? そげなことはわからんでごわす」

 30日、故郷の鹿児島弁でこう言って、報道陣を笑わせたのがブルージェイズの川崎宗則(32)。古巣ソフトバンクの秋季練習最終日にヤフオクドームを訪れた際の一幕だ。

 川崎は今季、ブルージェイズの控え内野手として96試合に出場。打率.229、1本塁打、24打点、7盗塁は、内野のスペアなりの数字だ。来季契約の選択権を持っているブルージェイズの判断次第では自由契約になりかねない。

 そんな川崎に対し、ソフトバンクは川崎の移籍前の背番号「52」を空けているが、あるソフトバンクの球団関係者は「日本に戻ってくるかどうか」とこう言う。

「川崎は11年オフにマリナーズ入りした時、まるで憧れのイチロー(現ヤンキース)を追っかけて渡米したかのように言われていた。しかし、それは川崎の戦略。渡米前に『イチローさん、イチローさん』と名前を連呼していたのは、日本球界を去ることへの非難の声を封じ、『大好きなイチローのためなら仕方ないか』と地元ファンを納得させるためです。川崎の頭にあるのは、いかに自分がメジャーで通用する選手になるか、ということだけ。もちろん、川崎が日本球界に復帰するときはウチも取りにいくが、それも当分先の話でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  3. 3

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  6. 6

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    東山紀之 マッチの退所を痛烈批判"すごく薄っぺら”の真意

  9. 9

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る