古巣ソフトバンクが「川崎は来季もメジャー残留」と見る根拠

公開日:  更新日:

「来季のソフトバンク復帰? そげなことはわからんでごわす」

 30日、故郷の鹿児島弁でこう言って、報道陣を笑わせたのがブルージェイズの川崎宗則(32)。古巣ソフトバンクの秋季練習最終日にヤフオクドームを訪れた際の一幕だ。

 川崎は今季、ブルージェイズの控え内野手として96試合に出場。打率.229、1本塁打、24打点、7盗塁は、内野のスペアなりの数字だ。来季契約の選択権を持っているブルージェイズの判断次第では自由契約になりかねない。

 そんな川崎に対し、ソフトバンクは川崎の移籍前の背番号「52」を空けているが、あるソフトバンクの球団関係者は「日本に戻ってくるかどうか」とこう言う。

「川崎は11年オフにマリナーズ入りした時、まるで憧れのイチロー(現ヤンキース)を追っかけて渡米したかのように言われていた。しかし、それは川崎の戦略。渡米前に『イチローさん、イチローさん』と名前を連呼していたのは、日本球界を去ることへの非難の声を封じ、『大好きなイチローのためなら仕方ないか』と地元ファンを納得させるためです。川崎の頭にあるのは、いかに自分がメジャーで通用する選手になるか、ということだけ。もちろん、川崎が日本球界に復帰するときはウチも取りにいくが、それも当分先の話でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る