日本シリーズの快投に熱視線 マー君の“青天井”評価にメジャーが悲鳴

公開日: 更新日:

<CSまでは見向きもしなかった球団も>

 27日、巨人打線を相手に12奪三振で完投勝ちした日本シリーズ第2戦の田中将大(24)の快投は、海の向こう、ワールドシリーズが行われている米国でも評判になっているという。

「昨季からの連勝記録が30に伸びたことはもちろん、絶体絶命のピンチで内角ギリギリに投げ込んだ152キロの剛速球までメジャーの各球団は把握しています。ペナントレースやCSまではタナカに見向きもしなかったのに、日本シリーズにスカウトを派遣した球団もある。メジャー球団には連日、日本にいるスカウトから細かいリポートが送られてきています」(在米ジャーナリスト)

<「入札金を抑えられないか」>

 メジャー球団の田中に対する評価は、日を追うごとに右肩上がりの急カーブを描いている。田中獲得がオフの最優先事項のカブスは、すでにダルの約52億円を上回る入札金を準備したと複数の米メディアが報じた。ヤンキース、ドジャース、レッドソックス、レンジャーズなどを含めた壮大なマネーゲームに発展しそうな現状に、米球界がついに悲鳴を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  6. 6

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る