• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本シリーズの快投に熱視線 マー君の“青天井”評価にメジャーが悲鳴

<CSまでは見向きもしなかった球団も>

 27日、巨人打線を相手に12奪三振で完投勝ちした日本シリーズ第2戦の田中将大(24)の快投は、海の向こう、ワールドシリーズが行われている米国でも評判になっているという。

「昨季からの連勝記録が30に伸びたことはもちろん、絶体絶命のピンチで内角ギリギリに投げ込んだ152キロの剛速球までメジャーの各球団は把握しています。ペナントレースやCSまではタナカに見向きもしなかったのに、日本シリーズにスカウトを派遣した球団もある。メジャー球団には連日、日本にいるスカウトから細かいリポートが送られてきています」(在米ジャーナリスト)

<「入札金を抑えられないか」>

 メジャー球団の田中に対する評価は、日を追うごとに右肩上がりの急カーブを描いている。田中獲得がオフの最優先事項のカブスは、すでにダルの約52億円を上回る入札金を準備したと複数の米メディアが報じた。ヤンキース、ドジャース、レッドソックス、レンジャーズなどを含めた壮大なマネーゲームに発展しそうな現状に、米球界がついに悲鳴を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る