日本シリーズの快投に熱視線 マー君の“青天井”評価にメジャーが悲鳴

公開日: 更新日:

<CSまでは見向きもしなかった球団も>

 27日、巨人打線を相手に12奪三振で完投勝ちした日本シリーズ第2戦の田中将大(24)の快投は、海の向こう、ワールドシリーズが行われている米国でも評判になっているという。

「昨季からの連勝記録が30に伸びたことはもちろん、絶体絶命のピンチで内角ギリギリに投げ込んだ152キロの剛速球までメジャーの各球団は把握しています。ペナントレースやCSまではタナカに見向きもしなかったのに、日本シリーズにスカウトを派遣した球団もある。メジャー球団には連日、日本にいるスカウトから細かいリポートが送られてきています」(在米ジャーナリスト)

<「入札金を抑えられないか」>

 メジャー球団の田中に対する評価は、日を追うごとに右肩上がりの急カーブを描いている。田中獲得がオフの最優先事項のカブスは、すでにダルの約52億円を上回る入札金を準備したと複数の米メディアが報じた。ヤンキース、ドジャース、レッドソックス、レンジャーズなどを含めた壮大なマネーゲームに発展しそうな現状に、米球界がついに悲鳴を上げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る