登板直前に新制度決裂…マー君に「黒星」をつけた真犯人

公開日: 更新日:

 パ・リーグのある球団幹部によれば、日米間で新入札制度(ポスティングシステム)の合意へ向けた話し合いが行われたのは、日本時間2日午前中のことだったという。

「メジャーのFA選手は前日に公示された。各球団がほぼ同時期にポスティングの準備もできるようにとの配慮から、当日の電話会談で最終的に合意する予定だったと聞いています」(パのある球団幹部)

 新たな入札制度のおおまかな内容は、すでにマスコミに報じられている通りだ。ところが――。

「交渉の最終段階、いよいよ成立かというタイミングになって、日本側が納得しかねると言い出したようなんです。新制度の中身はほぼ従来通りのもので、どうしても田中が欲しい米国サイドは日本側にかなり譲歩しています。なのに土壇場になって日本側がノーと言ったわけですからね。米国側は怒り心頭だったようで、交渉はそこで打ち切られてしまった。会談は大リーグ機構(MLB)、大リーグ選手会、日本野球機構(NPB)、日本プロ野球選手会の4者で行っただけに、反対したのはNPBか選手会なのでしょうが……」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  3. 3

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

もっと見る