• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

登板直前に新制度決裂…マー君に「黒星」をつけた真犯人

 パ・リーグのある球団幹部によれば、日米間で新入札制度(ポスティングシステム)の合意へ向けた話し合いが行われたのは、日本時間2日午前中のことだったという。

「メジャーのFA選手は前日に公示された。各球団がほぼ同時期にポスティングの準備もできるようにとの配慮から、当日の電話会談で最終的に合意する予定だったと聞いています」(パのある球団幹部)

 新たな入札制度のおおまかな内容は、すでにマスコミに報じられている通りだ。ところが――。

「交渉の最終段階、いよいよ成立かというタイミングになって、日本側が納得しかねると言い出したようなんです。新制度の中身はほぼ従来通りのもので、どうしても田中が欲しい米国サイドは日本側にかなり譲歩しています。なのに土壇場になって日本側がノーと言ったわけですからね。米国側は怒り心頭だったようで、交渉はそこで打ち切られてしまった。会談は大リーグ機構(MLB)、大リーグ選手会、日本野球機構(NPB)、日本プロ野球選手会の4者で行っただけに、反対したのはNPBか選手会なのでしょうが……」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る