IOC会長来日 真の目的は「野球・ソフト」復帰提案か

公開日: 更新日:

<野球・ソフトボール復帰の条件>

 9月の総会でトップに就任した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ新会長が来日することが明らかになった。

 日本オリンピック委員会(JOC)によれば、2020年東京五輪、パラリンピック大会への協力を関係各所に要請するためだというが、もちろん真の目的は別にある。

 バッハ会長は就任時、「野球・ソフトボール」の正式競技への復帰について問われた際、「IOC内での改革に時間はかかる」としながらも、「多少、種目数が増えるのは影響がない」と将来的な採用に含みを持たせた。

 当然、種目数を増やすには五輪憲章の改正が必要だが、バッハ会長はロゲ前会長の施策は踏襲せずに積極的な改革に乗り出す方針だ。今後は中核競技の見直しに着手するとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る