IOC会長来日 真の目的は「野球・ソフト」復帰提案か

公開日:  更新日:

<野球・ソフトボール復帰の条件>

 9月の総会でトップに就任した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ新会長が来日することが明らかになった。

 日本オリンピック委員会(JOC)によれば、2020年東京五輪、パラリンピック大会への協力を関係各所に要請するためだというが、もちろん真の目的は別にある。

 バッハ会長は就任時、「野球・ソフトボール」の正式競技への復帰について問われた際、「IOC内での改革に時間はかかる」としながらも、「多少、種目数が増えるのは影響がない」と将来的な採用に含みを持たせた。

 当然、種目数を増やすには五輪憲章の改正が必要だが、バッハ会長はロゲ前会長の施策は踏襲せずに積極的な改革に乗り出す方針だ。今後は中核競技の見直しに着手するとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る