IOC会長来日 真の目的は「野球・ソフト」復帰提案か

公開日: 更新日:

野球・ソフトボール復帰の条件>

 9月の総会でトップに就任した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ新会長が来日することが明らかになった。

 日本オリンピック委員会(JOC)によれば、2020年東京五輪、パラリンピック大会への協力を関係各所に要請するためだというが、もちろん真の目的は別にある。

 バッハ会長は就任時、「野球・ソフトボール」の正式競技への復帰について問われた際、「IOC内での改革に時間はかかる」としながらも、「多少、種目数が増えるのは影響がない」と将来的な採用に含みを持たせた。

 当然、種目数を増やすには五輪憲章の改正が必要だが、バッハ会長はロゲ前会長の施策は踏襲せずに積極的な改革に乗り出す方針だ。今後は中核競技の見直しに着手するとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る