IOC会長来日 真の目的は「野球・ソフト」復帰提案か

公開日:  更新日:

<野球・ソフトボール復帰の条件>

 9月の総会でトップに就任した国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ新会長が来日することが明らかになった。

 日本オリンピック委員会(JOC)によれば、2020年東京五輪、パラリンピック大会への協力を関係各所に要請するためだというが、もちろん真の目的は別にある。

 バッハ会長は就任時、「野球・ソフトボール」の正式競技への復帰について問われた際、「IOC内での改革に時間はかかる」としながらも、「多少、種目数が増えるのは影響がない」と将来的な採用に含みを持たせた。

 当然、種目数を増やすには五輪憲章の改正が必要だが、バッハ会長はロゲ前会長の施策は踏襲せずに積極的な改革に乗り出す方針だ。今後は中核競技の見直しに着手するとみられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る