楽天・田中の“価値”下げるだけ NPBと選手会の愚

公開日:  更新日:

<入札金をガクン下げる米修正案>

 だから言ったじゃないか。

 田中将大(25)本人はもちろん、田中がメジャーでどれくらいやるか楽しみにしていた日本中の野球ファンも、そう思ったに違いない。

 14日(日本時間15日)、大リーグ機構(MLB)が新入札制度(ポスティングシステム)を取り下げ、修正案を出すと発表したことに関してだ。

「日本には迅速な対応が必要だと伝えているのに、正式な返事はまだない。日本の総意が出るのに時間がかかり過ぎて、情勢は変わった」とはMLBのマンフレッド最高執行責任者(COO)。同COOは「今回の制度には資金力のある球団しか参加できない」とも話した。

 米国側が当初、日本に提示した案は選手の所属球団に莫大なカネが入る内容だった。これまでのような最高額でなく、1位と2位の間になるとはいえ、米メディアは入札金を75億~100億円に達すると予想している。米国側は最大限に譲歩するのだから、さっさと返事をしろと交渉の期限を切ってきた。それが米国のFA市場が開いた直後、日本時間11月2日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る