楽天・田中の“価値”下げるだけ NPBと選手会の愚

公開日: 更新日:

<入札金をガクン下げる米修正案>

 だから言ったじゃないか。

 田中将大(25)本人はもちろん、田中がメジャーでどれくらいやるか楽しみにしていた日本中の野球ファンも、そう思ったに違いない。

 14日(日本時間15日)、大リーグ機構(MLB)が新入札制度(ポスティングシステム)を取り下げ、修正案を出すと発表したことに関してだ。

「日本には迅速な対応が必要だと伝えているのに、正式な返事はまだない。日本の総意が出るのに時間がかかり過ぎて、情勢は変わった」とはMLBのマンフレッド最高執行責任者(COO)。同COOは「今回の制度には資金力のある球団しか参加できない」とも話した。

 米国側が当初、日本に提示した案は選手の所属球団に莫大なカネが入る内容だった。これまでのような最高額でなく、1位と2位の間になるとはいえ、米メディアは入札金を75億~100億円に達すると予想している。米国側は最大限に譲歩するのだから、さっさと返事をしろと交渉の期限を切ってきた。それが米国のFA市場が開いた直後、日本時間11月2日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  9. 9

    宇多田ヒカル 時代問わない別次元の才能と“人間活動”で…

  10. 10

    巨人セ首位固めの裏で着々と進む 阿部慎之助の“入閣準備”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る