楽天・田中の“価値”下げるだけ NPBと選手会の愚

公開日:  更新日:

<入札金をガクン下げる米修正案>

 だから言ったじゃないか。

 田中将大(25)本人はもちろん、田中がメジャーでどれくらいやるか楽しみにしていた日本中の野球ファンも、そう思ったに違いない。

 14日(日本時間15日)、大リーグ機構(MLB)が新入札制度(ポスティングシステム)を取り下げ、修正案を出すと発表したことに関してだ。

「日本には迅速な対応が必要だと伝えているのに、正式な返事はまだない。日本の総意が出るのに時間がかかり過ぎて、情勢は変わった」とはMLBのマンフレッド最高執行責任者(COO)。同COOは「今回の制度には資金力のある球団しか参加できない」とも話した。

 米国側が当初、日本に提示した案は選手の所属球団に莫大なカネが入る内容だった。これまでのような最高額でなく、1位と2位の間になるとはいえ、米メディアは入札金を75億~100億円に達すると予想している。米国側は最大限に譲歩するのだから、さっさと返事をしろと交渉の期限を切ってきた。それが米国のFA市場が開いた直後、日本時間11月2日だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る