• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴルフW杯の“不完全燃焼”で心配されるリオ五輪の不発

 ゴルフのW杯(豪州・ロイヤル・メルボルンGC=7046ヤード・パー71)は石川遼(22)が通算3アンダー5位、谷原秀人(35)は同2アンダー7位。2人の合計による国・地域別対抗戦で、日本は同5アンダー3位だった。「すごく手ごたえを感じた」(石川)と満足げだったが、現地はともかく、日本ではさっぱり盛り上がらなかった。

 今大会から3年後のリオ五輪を見据え、これまでの2人1組の対抗戦から、60選手によるストロークプレーの個人戦に変更した。主催者側は五輪を想定した大会となれば各国から候補選手の出場が見込まれると予想していたが、T・ウッズ、P・ミケルソン、R・マキロイなど世界のトッププロが次々と出場を見送った。ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「五輪は賞金がなく、メダルという名誉だけ。プロなので、シーズン中にマネーランクに関係のない試合の出場には二の足を踏みます。しかもツアー競技だけで十分に生活していけるだけに、他の団体スポーツとは意味合いが違います。ただしプロの意思はともかく五輪の公式、非公式に限らず、スポンサーが契約選手にボーナスを出して出場を促す可能性はあります。宣伝効果があり、業界全体にとってもチャンスですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る