ゴルフW杯の“不完全燃焼”で心配されるリオ五輪の不発

公開日: 更新日:

 ゴルフのW杯(豪州・ロイヤル・メルボルンGC=7046ヤード・パー71)は石川遼(22)が通算3アンダー5位、谷原秀人(35)は同2アンダー7位。2人の合計による国・地域別対抗戦で、日本は同5アンダー3位だった。「すごく手ごたえを感じた」(石川)と満足げだったが、現地はともかく、日本ではさっぱり盛り上がらなかった。

 今大会から3年後のリオ五輪を見据え、これまでの2人1組の対抗戦から、60選手によるストロークプレーの個人戦に変更した。主催者側は五輪を想定した大会となれば各国から候補選手の出場が見込まれると予想していたが、T・ウッズ、P・ミケルソン、R・マキロイなど世界のトッププロが次々と出場を見送った。ゴルフライターの吉川英三郎氏がこう言う。

「五輪は賞金がなく、メダルという名誉だけ。プロなので、シーズン中にマネーランクに関係のない試合の出場には二の足を踏みます。しかもツアー競技だけで十分に生活していけるだけに、他の団体スポーツとは意味合いが違います。ただしプロの意思はともかく五輪の公式、非公式に限らず、スポンサーが契約選手にボーナスを出して出場を促す可能性はあります。宣伝効果があり、業界全体にとってもチャンスですからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る