陸上100m桐生祥秀も合格 五輪見据えた東洋大学の「生き残り策」

公開日: 更新日:

 またひとりゲットした。陸上男子100メートルで10秒01の自己記録を持つ桐生祥秀(京都・洛南高)が東洋大学に合格した。

 東洋大の陸上部といえば箱根駅伝でお馴染み。この5年間で3度も優勝し、毎年入学志願者が増えているそうだが、駅伝だけに頼ってはいられないということだろう。

 東洋大には今年、ロンドン五輪競泳400メートル個人メドレー銅の萩野公介に同五輪女子400メートルリレー代表の内田美希、男子200メートル平泳ぎ世界記録保持者の山口観弘が入学した。

「彼らはリオや東京五輪を見据えてのスカウトです」と、ある大学関係者がこう続ける。

「少子化の影響で大学の経営はこの先どんどん厳しくなる。東洋大が有名私立の早慶などに対抗するにはスポーツで生き残りを図るしかない。そこで、日本人の五輪好きに目をつけた。東洋大は本部のある白山(文京区)から西が丘(北区)のナショナルトレーニングセンターまで近いというメリットもあるが、今春から北島の恩師で競泳日本代表ヘッドコーチの平井伯昌氏を水泳部の監督に招聘(しょうへい)したことが大きい。法政や東海などに進学すると思われた桐生も同じ。来年から陸連の男子短距離副部長の土江寛裕氏が指導することが決まったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  2. 2

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  3. 3

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  4. 4

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    玉川徹だけじゃない コロナ報道で“的を得ている”2人の名前

  9. 9

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る