日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

進展なし…FA涌井 “大本命”ロッテと合意できない裏事情

「何で相思相愛なのに合意しないんだ?」
 周囲からこんな声も聞こえるのが、西武からFA宣言した涌井秀章(27)だ。

 本人がFA宣言した当初、獲得に名乗りを上げたのはロッテだけ。19日の初交渉が事実上の入団会見となるところだ。

 ところが、初交渉以降、進展はなし。交渉に当たっている林球団本部長は「(涌井とは)接触しています」と言うものの、「急ぐ問題ではないので」と淡々と話すだけ。29日時点で、合意は12月上旬以降にズレ込むことが確実になった。

 この背景には涌井の「最後の抵抗」が大きいといわれる。

 涌井は当初、複数球団の争奪戦の末にロッテ入りという青写真を描いていた。マネーゲームになれば条件も良くなるとソロバンをはじいていたものの、しかし、捕らぬタヌキの何とやら。獲得に名乗りを上げたのはロッテだけで、現時点で競争相手は皆無だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事