進展なし…FA涌井 “大本命”ロッテと合意できない裏事情

公開日: 更新日:

「何で相思相愛なのに合意しないんだ?」
 周囲からこんな声も聞こえるのが、西武からFA宣言した涌井秀章(27)だ。

 本人がFA宣言した当初、獲得に名乗りを上げたのはロッテだけ。19日の初交渉が事実上の入団会見となるところだ。

 ところが、初交渉以降、進展はなし。交渉に当たっている林球団本部長は「(涌井とは)接触しています」と言うものの、「急ぐ問題ではないので」と淡々と話すだけ。29日時点で、合意は12月上旬以降にズレ込むことが確実になった。

 この背景には涌井の「最後の抵抗」が大きいといわれる。

 涌井は当初、複数球団の争奪戦の末にロッテ入りという青写真を描いていた。マネーゲームになれば条件も良くなるとソロバンをはじいていたものの、しかし、捕らぬタヌキの何とやら。獲得に名乗りを上げたのはロッテだけで、現時点で競争相手は皆無だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  5. 5

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  6. 6

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

  7. 7

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  8. 8

    9カ月遅延が横浜市長選に影響 菅政権の苦しいカジノ推進

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

もっと見る