進展なし…FA涌井 “大本命”ロッテと合意できない裏事情

公開日:  更新日:

「何で相思相愛なのに合意しないんだ?」
 周囲からこんな声も聞こえるのが、西武からFA宣言した涌井秀章(27)だ。

 本人がFA宣言した当初、獲得に名乗りを上げたのはロッテだけ。19日の初交渉が事実上の入団会見となるところだ。

 ところが、初交渉以降、進展はなし。交渉に当たっている林球団本部長は「(涌井とは)接触しています」と言うものの、「急ぐ問題ではないので」と淡々と話すだけ。29日時点で、合意は12月上旬以降にズレ込むことが確実になった。

 この背景には涌井の「最後の抵抗」が大きいといわれる。

 涌井は当初、複数球団の争奪戦の末にロッテ入りという青写真を描いていた。マネーゲームになれば条件も良くなるとソロバンをはじいていたものの、しかし、捕らぬタヌキの何とやら。獲得に名乗りを上げたのはロッテだけで、現時点で競争相手は皆無だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  2. 2

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  3. 3

    広島・丸取り表明のロッテ 巨人との資金差は絶望的10億円

  4. 4

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  5. 5

    専門家に聞く 日米FTAの行方と暴走するトランプへの対抗策

  6. 6

    弱者蔑視、答弁はぐらかし 安倍内閣の象徴が片山さつき

  7. 7

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  8. 8

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  9. 9

    民営化で料金5倍に? 「水道水」がコーラよりも高くなる日

  10. 10

    マルチ商法「ジャパンライフ」にチラつく安倍政権との関係

もっと見る