7日W杯組み合わせ抽選会 日本が「死の組」に入る公算

公開日: 更新日:

 ブラジルW杯組み合わせ抽選会に先立ち、出場32カ国の「ポット分け」が4日、FIFA(国際サッカー連盟)から発表された。抽選会に出席するザッケローニ日本代表監督は「未対戦の国とやりたい」とコメント。ブラジル、イタリア、メキシコに全敗した6月コンフェデ杯、手も足も出なかった8月ウルグアイ戦の「トラウマを引きずっている」(サッカー関係者)からだが、W杯でも「コンフェデ杯クラスの死の組に組み入れられる可能性はある」(前出関係者)ともっぱらだ。

 アジア勢、北中米・カリブ海勢と第3ポットに入ったザック日本にとって、最悪の「死の組」は「第1ポット・アルゼンチン、第2ポット・イタリア、第4ポット・フランス」。某マスコミ関係者がこう解説する。

「第4ポットに欧州勢9カ国が入り、組み合わせ抽選会前の無作為抽選によって1カ国が第2ポットに入る。イタリアが第2に回った場合、日本と対戦する可能性が急浮上する。FIFAは、話題性のある組み合わせを歓迎する傾向にある。イタリア人監督ザックと母国イタリアとの対決は、当該国以外のファンにとっても興味深い対戦カードとなる。アルゼンチンは優勝候補。フランスは第4ポットの中では世界ランク下位(19位)だが、高いフィジカル能力を誇る黒人選手が主体で日本が最も不得手とするチームです。死の組の日本が3戦とも惨敗してもおかしくない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  4. 4

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  10. 10

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

もっと見る