7日W杯組み合わせ抽選会 日本が「死の組」に入る公算

公開日:  更新日:

 ブラジルW杯組み合わせ抽選会に先立ち、出場32カ国の「ポット分け」が4日、FIFA(国際サッカー連盟)から発表された。抽選会に出席するザッケローニ日本代表監督は「未対戦の国とやりたい」とコメント。ブラジル、イタリア、メキシコに全敗した6月コンフェデ杯、手も足も出なかった8月ウルグアイ戦の「トラウマを引きずっている」(サッカー関係者)からだが、W杯でも「コンフェデ杯クラスの死の組に組み入れられる可能性はある」(前出関係者)ともっぱらだ。

 アジア勢、北中米・カリブ海勢と第3ポットに入ったザック日本にとって、最悪の「死の組」は「第1ポット・アルゼンチン、第2ポット・イタリア、第4ポット・フランス」。某マスコミ関係者がこう解説する。

「第4ポットに欧州勢9カ国が入り、組み合わせ抽選会前の無作為抽選によって1カ国が第2ポットに入る。イタリアが第2に回った場合、日本と対戦する可能性が急浮上する。FIFAは、話題性のある組み合わせを歓迎する傾向にある。イタリア人監督ザックと母国イタリアとの対決は、当該国以外のファンにとっても興味深い対戦カードとなる。アルゼンチンは優勝候補。フランスは第4ポットの中では世界ランク下位(19位)だが、高いフィジカル能力を誇る黒人選手が主体で日本が最も不得手とするチームです。死の組の日本が3戦とも惨敗してもおかしくない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る