日本代表もJリーグも…柿谷にオンブにダッコの危うさ

公開日: 更新日:

 10日のJ1第31節のFC東京―C大阪戦。
 日本代表エースFW候補、C大阪FW柿谷曜一朗人気が炸裂した。

 前売り券が飛ぶように売れ、4年ぶりの4万人超(4万371人)の大入り満員。昨季のFC東京の平均入場者数は2万3555人なので「単純計算で1万6000人が柿谷見たさに足を運んだ」と言っていいだろう。

 試合は1―1の同点から終盤に差し掛かると柿谷が真価を発揮した。

 後半42分。GKのロングフィードに反応。相手DFラインの背後を突いてGK権田と1対1。ここで心憎いばかりの冷静さで、権田の股間越しに決勝弾!Jリーグでは傑出した能力を見せつけた。

「FC東京の味スタにおける歴代最低観客数が、01年3月のC大阪戦で記録した1万2552人。FC東京の人気自体もイマイチだったし、当時“関西の不人気チーム”に過ぎなかったC大阪が乗り込んでも、客足が伸びるハズもない。げに恐ろしきは柿谷人気と言うしかないが、まさに隔世の感がある」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る