日本代表もJリーグも…柿谷にオンブにダッコの危うさ

公開日: 更新日:

 10日のJ1第31節のFC東京―C大阪戦。
 日本代表エースFW候補、C大阪FW柿谷曜一朗人気が炸裂した。

 前売り券が飛ぶように売れ、4年ぶりの4万人超(4万371人)の大入り満員。昨季のFC東京の平均入場者数は2万3555人なので「単純計算で1万6000人が柿谷見たさに足を運んだ」と言っていいだろう。

 試合は1―1の同点から終盤に差し掛かると柿谷が真価を発揮した。

 後半42分。GKのロングフィードに反応。相手DFラインの背後を突いてGK権田と1対1。ここで心憎いばかりの冷静さで、権田の股間越しに決勝弾!Jリーグでは傑出した能力を見せつけた。

「FC東京の味スタにおける歴代最低観客数が、01年3月のC大阪戦で記録した1万2552人。FC東京の人気自体もイマイチだったし、当時“関西の不人気チーム”に過ぎなかったC大阪が乗り込んでも、客足が伸びるハズもない。げに恐ろしきは柿谷人気と言うしかないが、まさに隔世の感がある」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  3. 3

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  6. 6

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  7. 7

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  8. 8

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  9. 9

    東京マラソン追随か 新型肺炎拡大でスポーツ界がピリピリ

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る