日本代表もJリーグも…柿谷にオンブにダッコの危うさ

公開日: 更新日:

 10日のJ1第31節のFC東京―C大阪戦。
 日本代表エースFW候補、C大阪FW柿谷曜一朗人気が炸裂した。

 前売り券が飛ぶように売れ、4年ぶりの4万人超(4万371人)の大入り満員。昨季のFC東京の平均入場者数は2万3555人なので「単純計算で1万6000人が柿谷見たさに足を運んだ」と言っていいだろう。

 試合は1―1の同点から終盤に差し掛かると柿谷が真価を発揮した。

 後半42分。GKのロングフィードに反応。相手DFラインの背後を突いてGK権田と1対1。ここで心憎いばかりの冷静さで、権田の股間越しに決勝弾!Jリーグでは傑出した能力を見せつけた。

「FC東京の味スタにおける歴代最低観客数が、01年3月のC大阪戦で記録した1万2552人。FC東京の人気自体もイマイチだったし、当時“関西の不人気チーム”に過ぎなかったC大阪が乗り込んでも、客足が伸びるハズもない。げに恐ろしきは柿谷人気と言うしかないが、まさに隔世の感がある」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  7. 7

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  8. 8

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  9. 9

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  10. 10

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

もっと見る