日本代表もJリーグも…柿谷にオンブにダッコの危うさ

公開日:  更新日:

 10日のJ1第31節のFC東京―C大阪戦。
 日本代表エースFW候補、C大阪FW柿谷曜一朗人気が炸裂した。

 前売り券が飛ぶように売れ、4年ぶりの4万人超(4万371人)の大入り満員。昨季のFC東京の平均入場者数は2万3555人なので「単純計算で1万6000人が柿谷見たさに足を運んだ」と言っていいだろう。

 試合は1―1の同点から終盤に差し掛かると柿谷が真価を発揮した。

 後半42分。GKのロングフィードに反応。相手DFラインの背後を突いてGK権田と1対1。ここで心憎いばかりの冷静さで、権田の股間越しに決勝弾!Jリーグでは傑出した能力を見せつけた。

「FC東京の味スタにおける歴代最低観客数が、01年3月のC大阪戦で記録した1万2552人。FC東京の人気自体もイマイチだったし、当時“関西の不人気チーム”に過ぎなかったC大阪が乗り込んでも、客足が伸びるハズもない。げに恐ろしきは柿谷人気と言うしかないが、まさに隔世の感がある」(サッカー記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  9. 9

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  10. 10

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

もっと見る