昇給ラッシュ 楽天の「大盤振る舞い」は広告料コミコミ?

公開日: 更新日:

「日本一」の大盤振る舞いである。
 4日、楽天の銀次が契約更改。今季2200万円から2.5倍以上となる3800万円増の6000万円でサインした。今季6月から3番・一塁に定着し、打率.317をマークした“星野チルドレン”は「個人としては首位打者、チームとしては日本一連覇が目標。チャンスに強い3番打者になりたい」と、満面の笑みで語った。

 この銀次をはじめ、楽天ナインはかつてない昇給のオンパレード。野手では枡田が2100万円増の4000万円、岡島が1500万円増の3000万円。松井稼も3000万円アップの1億6000万円プラス出来高。投手も、斎藤隆が3000万円増の6000万円。これまでの給料が安かったのもあるが、盆と正月が一度にやってきたかのような景気の良さに選手はニンマリしっ放しだ。

 今季は1試合平均の観客が1万7793人と過去最高を記録。CS、日本シリーズも出場し、5億円前後の大幅な増収が見込める。加えて、エースの田中が入札制度でメジャー挑戦すれば、プラスアルファの収入も入ってくる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    デラロサも活躍未知数…G“9助っ人に12億円”に他球団が溜息

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る