新入札制度合意もマー君出し渋り 楽天の“二枚舌”

公開日: 更新日:

楽天の星野監督はハッキリと、おカネの問題じゃない、後押ししてあげたいと言った。これで田中のポスティングを許可しないということにでもなれば、野球ファンはな~んだ結局、カネじゃないかと思いますよ。なんてカネに汚い球団なんだとね。日本シリーズを勝った今年のチャンピオンチームなのに、セコいというイメージが定着してしまう」
 のっけからこう言うのは、プロ野球ファンの吉川潮氏(作家)だ。

 交渉が難航していた新入札制度(ポスティングシステム)が、日本野球機構(NPB)と米大リーグ機構(MLB)の間で基本合意。入札額の上限は20億円に抑えられるが、選手は20億円を入札したすべての球団と交渉できる。

 田中将大(25)がメジャー挑戦するためのレールがようやく敷かれたというのに、しかし、肝心の楽天が新制度を使うのか使わないのか態度をハッキリさせていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る