日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新入札制度合意もマー君出し渋り 楽天の“二枚舌”

「楽天の星野監督はハッキリと、おカネの問題じゃない、後押ししてあげたいと言った。これで田中のポスティングを許可しないということにでもなれば、野球ファンはな~んだ結局、カネじゃないかと思いますよ。なんてカネに汚い球団なんだとね。日本シリーズを勝った今年のチャンピオンチームなのに、セコいというイメージが定着してしまう」
 のっけからこう言うのは、プロ野球ファンの吉川潮氏(作家)だ。

 交渉が難航していた新入札制度(ポスティングシステム)が、日本野球機構(NPB)と米大リーグ機構(MLB)の間で基本合意。入札額の上限は20億円に抑えられるが、選手は20億円を入札したすべての球団と交渉できる。

 田中将大(25)がメジャー挑戦するためのレールがようやく敷かれたというのに、しかし、肝心の楽天が新制度を使うのか使わないのか態度をハッキリさせていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事