新入札制度合意もマー君出し渋り 楽天の“二枚舌”

公開日: 更新日:

「楽天の星野監督はハッキリと、おカネの問題じゃない、後押ししてあげたいと言った。これで田中のポスティングを許可しないということにでもなれば、野球ファンはな~んだ結局、カネじゃないかと思いますよ。なんてカネに汚い球団なんだとね。日本シリーズを勝った今年のチャンピオンチームなのに、セコいというイメージが定着してしまう」
 のっけからこう言うのは、プロ野球ファンの吉川潮氏(作家)だ。

 交渉が難航していた新入札制度(ポスティングシステム)が、日本野球機構(NPB)と米大リーグ機構(MLB)の間で基本合意。入札額の上限は20億円に抑えられるが、選手は20億円を入札したすべての球団と交渉できる。

 田中将大(25)がメジャー挑戦するためのレールがようやく敷かれたというのに、しかし、肝心の楽天が新制度を使うのか使わないのか態度をハッキリさせていない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  6. 6

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る