日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯グループリーグ 日本に立ちはだかるC組の“要注意”選手

■ゾコラ(コートジボワール)

 アフリカ予選を無敗で突破。ストライカーのドログバを擁しながら、過去2大会は「死の組」に入り、グループリーグで敗退した。

 35歳のドログバや30歳のヤヤ・トゥーレら、黄金世代の高齢化が進んでいるが、コロ・トゥーレ、ジェルビーニョ、カルー、ドゥンビア、ボニーなど、欧州リーグの主力として活躍するタレントが揃う。

 最終予選のセネガルとの2試合では、ボランチのMFゾコラをCBへコンバート。守備面が安定し、難敵を撃破した。

 これまでの対戦成績は3度で日本が2勝1敗。チームを率いる元フランス代表のラムシ監督は、ザッケローニ監督がインテル指揮官時の選手。因縁の師弟対決となる。「日本の選手は何人か知っているが、これから研究する」と語っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事