W杯組み合わせ決定で饒舌に…“悲観主義者”ザックの反動が怖い

公開日:  更新日:

 サッカー協会の大仁会長と原強化委員長の間に挟まれて座り、組み合わせ抽選会が始まるまでのザッケローニ監督は、妙にソワソワと落ち着かない風情をかもし出していた。「胸の内で“どうかサッカー強国と同じ組に入りませんように”と祈り続けていた」(サッカー記者)からである。

「6月のコンフェデ杯でブラジル、イタリア、メキシコ相手の3連敗もさることながら、8月のウルグアイ戦で圧倒的な力の差を見せつけられたことに大きなショックを受け、それから“ワタシが就任してから対戦したことのない国とやりたい”と呪文のように繰り返すようになった。実はザックというのはショックをいつまでも引きずり、悩んでふさぎこんでしまうタイプ。悲観主義者なのです」(前出の記者)

■原強化委員長は大あくび

 それだけに対戦相手がコートジボワール、ギリシャ、コロンビアに決まった瞬間、背中にのしかかっていた重しが取れたのだろう。ザッケローニは満面に笑みを浮かべながら「気持ちは落ち着いている」とコメント。続けて「コンディションを整えればいいサッカーが出来る。対戦相手の名前に圧倒されず、引いて守るのではなく、攻撃を仕掛けるチームに仕上げたい。キーワードは《コンディション、勇気、インテンション(強度、集中力)》の3つ」と一転して口も滑らかである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る