• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯組み合わせ決定で饒舌に…“悲観主義者”ザックの反動が怖い

 サッカー協会の大仁会長と原強化委員長の間に挟まれて座り、組み合わせ抽選会が始まるまでのザッケローニ監督は、妙にソワソワと落ち着かない風情をかもし出していた。「胸の内で“どうかサッカー強国と同じ組に入りませんように”と祈り続けていた」(サッカー記者)からである。

「6月のコンフェデ杯でブラジル、イタリア、メキシコ相手の3連敗もさることながら、8月のウルグアイ戦で圧倒的な力の差を見せつけられたことに大きなショックを受け、それから“ワタシが就任してから対戦したことのない国とやりたい”と呪文のように繰り返すようになった。実はザックというのはショックをいつまでも引きずり、悩んでふさぎこんでしまうタイプ。悲観主義者なのです」(前出の記者)

■原強化委員長は大あくび

 それだけに対戦相手がコートジボワール、ギリシャ、コロンビアに決まった瞬間、背中にのしかかっていた重しが取れたのだろう。ザッケローニは満面に笑みを浮かべながら「気持ちは落ち着いている」とコメント。続けて「コンディションを整えればいいサッカーが出来る。対戦相手の名前に圧倒されず、引いて守るのではなく、攻撃を仕掛けるチームに仕上げたい。キーワードは《コンディション、勇気、インテンション(強度、集中力)》の3つ」と一転して口も滑らかである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る