八百長、インチキ…サッカーW杯ドロー抽選“何でもアリ”の歴史

公開日: 更新日:

 運命の日が刻一刻と近づいてきた。14年ブラジルW杯グループリーグの組み合わせ抽選会が、日本時間7日午前1時から行われる。

 ザッケローニ日本代表はアジア、北中米・カリブ海地区勢とともに第3ポットに入った。第1ポットのブラジル、スペイン、アルゼンチン、ドイツ、第4ポットのイタリア、イングランド、フランスといったW杯優勝国と同じ「死の組」に入ってブラジルから悄然(しょうぜん)として帰国するのか? それともスイス、アルジェリア、エクアドル、ギリシャ、ボスニア・ヘルツェゴビナなど中堅国と同じ組に入り、決勝トーナメント進出を決めるか?

 すべては抽選会の結果次第だが、「抽選会自体は、何でもアリの陰謀渦巻くデキレースです」(ベテランサッカージャナリスト)ともっぱらだ。

 たとえば……「開催国が必ず対戦国に恵まれます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  3. 3

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  4. 4

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  7. 7

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    国民の怒り再燃 全戸配布で沸き起こる“アベノマスクの乱”

  10. 10

    手越は退所もやむなし…NEWSに復帰しても飼い殺しの地獄

もっと見る