日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

八百長、インチキ…サッカーW杯ドロー抽選“何でもアリ”の歴史

 運命の日が刻一刻と近づいてきた。14年ブラジルW杯グループリーグの組み合わせ抽選会が、日本時間7日午前1時から行われる。

 ザッケローニ日本代表はアジア、北中米・カリブ海地区勢とともに第3ポットに入った。第1ポットのブラジル、スペイン、アルゼンチン、ドイツ、第4ポットのイタリア、イングランド、フランスといったW杯優勝国と同じ「死の組」に入ってブラジルから悄然(しょうぜん)として帰国するのか? それともスイス、アルジェリア、エクアドル、ギリシャ、ボスニア・ヘルツェゴビナなど中堅国と同じ組に入り、決勝トーナメント進出を決めるか?

 すべては抽選会の結果次第だが、「抽選会自体は、何でもアリの陰謀渦巻くデキレースです」(ベテランサッカージャナリスト)ともっぱらだ。

 たとえば……「開催国が必ず対戦国に恵まれます」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事