W杯中継 “ドル箱”日本戦を引き当てる強運民放はどこだ?

公開日: 更新日:

 来年6月の「サッカーW杯ブラジル大会」で、NHKと民放各社が全64試合の中継放送を決めたという。過去の大会で放送の一翼を担ってきた衛星放送の「スカパーJSAT」が放映権料の高騰を理由に撤退。一時は全試合中継が危ぶまれたが、辛うじて踏みとどまった。

 W杯の放映権料は大会のたびにハネ上がるばかり。日本代表が初出場したフランス大会(98年)は、世界全体で約110億円だったが、3年前の南アフリカ大会では2700億円と約25倍に。日本はNHKと民放でつくる「ジャパン・コンソーシアム(JC)」が放映権料を負担する。南ア大会では約250億円を電通経由でFIFA側に支払ったものの、日本が決勝トーナメントに進出したにもかかわらず、民放の収支は赤字だった。

 ブラジル大会では南ア大会を上回る400億円近い放映権料がJCに提示されたとされ、民放各社は今回も赤字覚悟の参戦だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

もっと見る