日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ルーキー左腕が後継者? 阪神が能見の“後釜”作りに必死

「来年、FAで出て行くかもしれない」
 阪神の左腕エース・能見篤史(34)について、球界ではこんなウワサが持ち上がっている。
 能見は今季、25試合に登板して11勝7敗。リーグ2位の防御率2.69をマークした。

 しかし、「ベンチの信頼度が高い」とは、決していえなかった。広島とのCSでは、2連敗で終わったとはいえ、先発どころか登板機会すらなかった。

 8月29日の巨人戦(東京ドーム)では八回まで1失点と好投しながら、九回に同点に追いつかれ降板。ベンチで怒りを爆発させ、グラブを叩きつけ、椅子を蹴りあげた。普段はポーカーフェースの男の荒れっぷりは、交代のタイミングで能見とベンチとの間に温度差があったからともいわれている。

「能見は順調にいけば来季、国内FA権を取得する。来年で35歳を迎えるが、貴重な左投手で巨人戦には強く、安定感もある。FA宣言すれば争奪戦になるのは必至です」(某球団編成)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事