呉昇桓に至れり尽くせり…巨人が笑う“阪神の土下座外交”

公開日:  更新日:

「(移籍は)不安より期待が大きい。(阪神ファンは熱狂的だが)韓国のロッテファン以上と聞いた。本来の姿を見せられれば応援も倍になるだろうし、好結果を出せなければ(批判を)受け入れる他ない。大阪は何度か行ったことがあるが、飲食店に韓国語のメニューも多く、生活に不便はなさそうだ」

 4日午後、ソウル市内のホテルで阪神の契約書にサインした呉昇桓(オスンファン)(31)は意気込みを語った。

 阪神は日本では未知数の投手と2年総額9億円で契約(サムスンへの移籍金5000万円含む)。背番号は藤川球児(現カブス)のつけていた「22」を与える「歓待」ぶりだ。

 阪神は呉を取るため先発で計算できるスタンリッジを放出。わざわざ外国人枠をあけて三顧の礼で迎えた。

■高額年俸、自宅、韓国料理、韓国語……

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る