日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白鵬に稽古で惨敗 ハードル下がる稀勢の里「横綱昇進条件」

「14勝の優勝同点(優勝した力士と勝ち星が同じ)なら、いいんじゃないか。審判部から諮問があればOKです」
 横綱審議委員会の内山委員長の言葉に、報道陣は苦笑いを浮かべるしかなかった。

 来年初場所で綱とりがかかっている大関稀勢の里(27)。先場所は土壇場で優勝争いから脱落し、13勝2敗。横綱審議委員会の内規には「大関で2場所連続優勝か、それに準ずる成績なら昇進」とある。日本人横綱誕生は角界の悲願だけに、やや甘めの採点ながら、稀勢の里も「初場所で13勝以上の優勝」が昇進条件とされていた。

 それが26日の稽古総見後、内山委員長が条件をさらに緩和したのだ。
 もっとも、稽古総見での稀勢の里の不甲斐なさを見れば、それも無理はない。横綱白鵬に2勝5敗と負け越し、大関鶴竜にも4勝5敗。横審が慌てて「14勝なら優勝を逃してもOK」とした光景が目に浮かぶようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事