白鵬に稽古で惨敗 ハードル下がる稀勢の里「横綱昇進条件」

公開日:  更新日:

「14勝の優勝同点(優勝した力士と勝ち星が同じ)なら、いいんじゃないか。審判部から諮問があればOKです」
 横綱審議委員会の内山委員長の言葉に、報道陣は苦笑いを浮かべるしかなかった。

 来年初場所で綱とりがかかっている大関稀勢の里(27)。先場所は土壇場で優勝争いから脱落し、13勝2敗。横綱審議委員会の内規には「大関で2場所連続優勝か、それに準ずる成績なら昇進」とある。日本人横綱誕生は角界の悲願だけに、やや甘めの採点ながら、稀勢の里も「初場所で13勝以上の優勝」が昇進条件とされていた。

 それが26日の稽古総見後、内山委員長が条件をさらに緩和したのだ。
 もっとも、稽古総見での稀勢の里の不甲斐なさを見れば、それも無理はない。横綱白鵬に2勝5敗と負け越し、大関鶴竜にも4勝5敗。横審が慌てて「14勝なら優勝を逃してもOK」とした光景が目に浮かぶようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る