右足だけでも勝っちゃう遠藤 脅威の相撲センス

公開日: 更新日:

<大相撲九州場所 8日目>

 手負いといって侮るなかれ、だ。

 大相撲九州場所8日目、入幕2場所目の遠藤(23)が天鎧鵬を切り返しで破り、3勝目を挙げた。

 遠藤は先場所中に左足首を負傷。今場所直前に剥離骨折と左足アキレス腱炎と診断された。それでも強行出場し、負け越しているとはいえ3勝5敗。遠藤が強いのか、それとも対戦相手が弱いだけなのか。

 あるベテラン相撲記者は「そもそも、左足の負傷は周囲が思うほど弱点にはなってない」と、前置きしてこう言う。

「遠藤は右で前みつを取ると力を発揮するタイプ。立ち合いでは右足から踏み込むことが多いので、得意の体勢に持っていくために左足はそれほど重要ではない。前みつさえ取れば、自分の相撲が出来るからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る