来場所綱とりで本格化 モンゴル人力士の「稀勢の里潰し」

公開日:  更新日:

■大相撲九州場所 千秋楽

「14日目の万歳コール。あれを白鵬がどう聞いたか……」
 ある角界OBが顔をしかめる。
 大相撲九州場所14日目に大関稀勢の里が横綱白鵬を破ると、会場のファンは万歳三唱。白鵬は唇をかみ締め、悔しげに花道を引き揚げた。

 そして24日の千秋楽、結びの一番はともに1敗同士の白鵬と日馬富士。横綱による千秋楽の相星決戦は08年春場所の朝青龍―白鵬戦以来、実に5年ぶりだった。

 ところが、白鵬はあっさり負けた。立ち合いから日馬富士に速攻を仕掛けられると土俵際へ。この時、白鵬のかかとが一瞬土俵の外に出てしまった。両者気付かずに相撲を取り続けていたものの、すでに軍配は日馬富士に上がっていた。

 消化不良の幕切れにはファンもクビをかしげることしきり。むしろ、この日の最高潮は結びの一番の直前、稀勢の里が鶴竜を下した瞬間だろう。稀勢の里が鶴竜を寄り切るや、満員御礼の館内には割れんばかりの拍手が巻き起こった。これで稀勢の里は「優勝に準ずる成績」の13勝2敗。来場所は綱とりに挑戦することになった。それに比べれば日馬富士の5場所ぶり6度目の優勝など、相撲ファンにとっては刺し身のツマ程度の価値しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る