来場所綱とりで本格化 モンゴル人力士の「稀勢の里潰し」

公開日: 更新日:

■大相撲九州場所 千秋楽

「14日目の万歳コール。あれを白鵬がどう聞いたか……」
 ある角界OBが顔をしかめる。
 大相撲九州場所14日目に大関稀勢の里が横綱白鵬を破ると、会場のファンは万歳三唱。白鵬は唇をかみ締め、悔しげに花道を引き揚げた。

 そして24日の千秋楽、結びの一番はともに1敗同士の白鵬と日馬富士。横綱による千秋楽の相星決戦は08年春場所の朝青龍―白鵬戦以来、実に5年ぶりだった。

 ところが、白鵬はあっさり負けた。立ち合いから日馬富士に速攻を仕掛けられると土俵際へ。この時、白鵬のかかとが一瞬土俵の外に出てしまった。両者気付かずに相撲を取り続けていたものの、すでに軍配は日馬富士に上がっていた。

 消化不良の幕切れにはファンもクビをかしげることしきり。むしろ、この日の最高潮は結びの一番の直前、稀勢の里が鶴竜を下した瞬間だろう。稀勢の里が鶴竜を寄り切るや、満員御礼の館内には割れんばかりの拍手が巻き起こった。これで稀勢の里は「優勝に準ずる成績」の13勝2敗。来場所は綱とりに挑戦することになった。それに比べれば日馬富士の5場所ぶり6度目の優勝など、相撲ファンにとっては刺し身のツマ程度の価値しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  2. 2

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  3. 3

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  4. 4

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  5. 5

    錦戸亮の大誤算…コロナ禍と新人活躍でドラマオファーなし

  6. 6

    「収束後は」って何?くだらないことに税金使うって話だろ

  7. 7

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  8. 8

    世界で猛威のコロナウイルスを商標出願したのはあの人物!

  9. 9

    手薄なコロナ対策 世界の家計支援から浮く日本の冷酷非情

  10. 10

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

もっと見る