伊原・西武では“一石三鳥” 森本稀哲の使い勝手

公開日: 更新日:

 19日、西武はDeNAを戦力外になった森本稀哲(32)の入団を発表。宮崎・南郷で行われたテストに合格した森本は「安心しているとともに、感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた。

 伊原監督は当初から、「ウチは右の代打が不足しているから」と森本の獲得に乗り気。さらに日ハム時代は外野部門で3年連続ゴールデングラブ賞という守備力にも定評がある。「守り勝つ」野球を掲げる伊原監督の方針とも合致する。西武の外野でレギュラーが固まっていないのは右翼だけとはいえ、代打に守備固めと使い勝手はいい。

 ある西武OBは「森本の獲得はナインにとっても大きなプラスになる」と、こう言う。

「伊原監督は不甲斐ないプレーやミスに厳しく、試合中でも構わずに選手を怒鳴ることが多い。04年のオリックス監督時代は序盤にKOされた先発をベンチに立たせて公開説教。02、03年の西武監督時代もチームはお通夜みたいな雰囲気だった。ムードメーカーだった片岡のFA移籍が濃厚とあれば、いよいよ当時の二の舞いになりかねない。明るい性格の森本なら片岡の後釜にうってつけ。西武はマジメで融通の利かない若手も多いだけに、森本のパフォーマンスで救われる選手も多いだろうね」

 FA戦線には参戦すらしていない西武にとって、何よりの補強となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る