伊原・西武では“一石三鳥” 森本稀哲の使い勝手

公開日:  更新日:

 19日、西武はDeNAを戦力外になった森本稀哲(32)の入団を発表。宮崎・南郷で行われたテストに合格した森本は「安心しているとともに、感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた。

 伊原監督は当初から、「ウチは右の代打が不足しているから」と森本の獲得に乗り気。さらに日ハム時代は外野部門で3年連続ゴールデングラブ賞という守備力にも定評がある。「守り勝つ」野球を掲げる伊原監督の方針とも合致する。西武の外野でレギュラーが固まっていないのは右翼だけとはいえ、代打に守備固めと使い勝手はいい。

 ある西武OBは「森本の獲得はナインにとっても大きなプラスになる」と、こう言う。

「伊原監督は不甲斐ないプレーやミスに厳しく、試合中でも構わずに選手を怒鳴ることが多い。04年のオリックス監督時代は序盤にKOされた先発をベンチに立たせて公開説教。02、03年の西武監督時代もチームはお通夜みたいな雰囲気だった。ムードメーカーだった片岡のFA移籍が濃厚とあれば、いよいよ当時の二の舞いになりかねない。明るい性格の森本なら片岡の後釜にうってつけ。西武はマジメで融通の利かない若手も多いだけに、森本のパフォーマンスで救われる選手も多いだろうね」

 FA戦線には参戦すらしていない西武にとって、何よりの補強となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

もっと見る