伊原・西武では“一石三鳥” 森本稀哲の使い勝手

公開日: 更新日:

 19日、西武はDeNAを戦力外になった森本稀哲(32)の入団を発表。宮崎・南郷で行われたテストに合格した森本は「安心しているとともに、感謝の気持ちでいっぱい」と笑顔を見せた。

 伊原監督は当初から、「ウチは右の代打が不足しているから」と森本の獲得に乗り気。さらに日ハム時代は外野部門で3年連続ゴールデングラブ賞という守備力にも定評がある。「守り勝つ」野球を掲げる伊原監督の方針とも合致する。西武の外野でレギュラーが固まっていないのは右翼だけとはいえ、代打に守備固めと使い勝手はいい。

 ある西武OBは「森本の獲得はナインにとっても大きなプラスになる」と、こう言う。

「伊原監督は不甲斐ないプレーやミスに厳しく、試合中でも構わずに選手を怒鳴ることが多い。04年のオリックス監督時代は序盤にKOされた先発をベンチに立たせて公開説教。02、03年の西武監督時代もチームはお通夜みたいな雰囲気だった。ムードメーカーだった片岡のFA移籍が濃厚とあれば、いよいよ当時の二の舞いになりかねない。明るい性格の森本なら片岡の後釜にうってつけ。西武はマジメで融通の利かない若手も多いだけに、森本のパフォーマンスで救われる選手も多いだろうね」

 FA戦線には参戦すらしていない西武にとって、何よりの補強となりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原因不明…三浦半島の“謎の異臭”は首都直下地震の前兆か

  2. 2

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  3. 3

    東京湾では48時間に地震7回も…アプリで助かる率を上げる

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    丹羽宇一郎氏「コロナ後はさらなる危機が待ち構えている」

  6. 6

    麻生「民度発言」海外も報道 指摘された日本の高い死亡率

  7. 7

    NHK「あさイチ」での近江友里恵は有働由美子を超えた?

  8. 8

    東京湾で続く不気味な揺れ…コロナ禍に首都直下地震の足音

  9. 9

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  10. 10

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

もっと見る