• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

恩師も心配…松山英樹に大金持ってスリ寄る連中

 新人で史上初の賞金王に輝いた松山英樹(21)が所属先に選んだのは、かつて石川遼とも契約していたトヨタ自動車。しかもTOYOTAのマークではなく、高級車ブランド「レクサス」のロゴを使用することになった。

「(来季は)まずは米シード権を確保すること。ある程度、メドが立ったら米ツアーで優勝を目指してやっていきたい」(松山)

 オファー殺到の中からトヨタ自動車を選んだ理由について、豊田章男社長からの「世界で共に戦おう」と書かれた手紙だったと明かしたが、それ以外の理由を聞かれると、「まぁ、それについてはいろいろあるので、秘密で……」と言葉を濁した。

 契約は来年1月からで、契約金は3年6億円(推定)。国内外で移動車両提供などの支援を受ける。すでにダンロップ、全日空など大企業と契約。今年の獲得賞金2億円を加えれば、松山の懐には莫大なカネが転がり込むことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る