恩師も心配…松山英樹に大金持ってスリ寄る連中

公開日: 更新日:

 新人で史上初の賞金王に輝いた松山英樹(21)が所属先に選んだのは、かつて石川遼とも契約していたトヨタ自動車。しかもTOYOTAのマークではなく、高級車ブランド「レクサス」のロゴを使用することになった。

「(来季は)まずは米シード権を確保すること。ある程度、メドが立ったら米ツアーで優勝を目指してやっていきたい」(松山)

 オファー殺到の中からトヨタ自動車を選んだ理由について、豊田章男社長からの「世界で共に戦おう」と書かれた手紙だったと明かしたが、それ以外の理由を聞かれると、「まぁ、それについてはいろいろあるので、秘密で……」と言葉を濁した。

 契約は来年1月からで、契約金は3年6億円(推定)。国内外で移動車両提供などの支援を受ける。すでにダンロップ、全日空など大企業と契約。今年の獲得賞金2億円を加えれば、松山の懐には莫大なカネが転がり込むことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  3. 3

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  4. 4

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  5. 5

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  6. 6

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  7. 7

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  8. 8

    TV界席巻した織田無道さん 余命1年と言われた末期がん告白

  9. 9

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  10. 10

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

もっと見る