恩師も心配…松山英樹に大金持ってスリ寄る連中

公開日: 更新日:

 新人で史上初の賞金王に輝いた松山英樹(21)が所属先に選んだのは、かつて石川遼とも契約していたトヨタ自動車。しかもTOYOTAのマークではなく、高級車ブランド「レクサス」のロゴを使用することになった。

「(来季は)まずは米シード権を確保すること。ある程度、メドが立ったら米ツアーで優勝を目指してやっていきたい」(松山)

 オファー殺到の中からトヨタ自動車を選んだ理由について、豊田章男社長からの「世界で共に戦おう」と書かれた手紙だったと明かしたが、それ以外の理由を聞かれると、「まぁ、それについてはいろいろあるので、秘密で……」と言葉を濁した。

 契約は来年1月からで、契約金は3年6億円(推定)。国内外で移動車両提供などの支援を受ける。すでにダンロップ、全日空など大企業と契約。今年の獲得賞金2億円を加えれば、松山の懐には莫大なカネが転がり込むことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  2. 2

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  9. 9

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る