日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校サッカー初優勝 “純血チーム”富山第一「勝者の弁」

 劇的ではあった。残り3分から、2点差をひっくり返しての初優勝。富山第一が石川・星稜との北陸対決を制し、国立に詰めかけた4万8295人の観衆は大いに沸いた。

 0―2の後半42分に1点を返し、ロスタイム終了間際にPKで同点。それまでもベンチを飛び出して声を張り上げていた大塚監督(49)は、次男のMF翔がPKを蹴る際にはサイドラインに両ひざをつき、祈るように天を仰いでいた。延長を含めた110分の間、選手以上に興奮しまくっていた指揮官だが、サッカージャーナリストの六川亨氏はこう評価する。

「富山第一は今回の登録メンバー25人のうち23人が地元出身。私立校でありながら、全員が親元から通学しているという“純血”チームです。全国Jリーグのジュニアユースからあぶれた選手を集めるのではなく、地域密着でチームを強化した。旧来の選手育成、チーム強化に一石を投じたという点は評価したい。イングランドへコーチ研修に行った経験がある大塚監督は、<名門チェルシーもクラブから1時間圏内に自宅のある選手を集めてユースを強化していることを知り、自信を持った>と言っていた。選手だけでなく、高校サッカーの指導者のレベルも上がっている証拠です。サッカー王国とはいえない県の両校が初の北陸対決を戦ったことでもそれは証明されます」

 大塚監督は試合後、「田舎の選手でここまでやれた。日本の育成も変わるのでは」と言った。強豪校や高校野球の関係者に聞かせたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事