謝罪のバレンティン 無罪主張もシーズン出遅れは必至

公開日: 更新日:

 妻への監禁と暴行で12日(現地時間)に逮捕、15日に5万ドル(約525万円)を払って保釈されたヤクルトのバレンティン(29)が16日(日本時間17日未明)、フロリダ州マイアミのホテルで記者会見を行った。

 ヤクルトの奥村政之編成部国際担当次長、マローン、ロスマン両弁護士とともに記者会見場に姿を現したバレンティン。まずは奥村氏が「大変申し訳ありませんでした」とバレンティンと並んで深々と頭を下げたあと、硬い表情で本人がこう謝罪した。

「きょうこのような場を設けてしまったことを恥ずかしく思います。私自身のミス。家族、チーム、日本の皆さんに謝罪します。日本の皆さんがもう一度、私にチャンスを与えてくれることを願っています」

 司法手続きが続いているためとして、バレンティンからそれ以上の発言はなかった。事件の詳細については触れなかったが、同席した両弁護士は、「法に触れるようなことは何もしていない」と改めて無罪を主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  8. 8

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る