日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

謝罪のバレンティン 無罪主張もシーズン出遅れは必至

 妻への監禁と暴行で12日(現地時間)に逮捕、15日に5万ドル(約525万円)を払って保釈されたヤクルトのバレンティン(29)が16日(日本時間17日未明)、フロリダ州マイアミのホテルで記者会見を行った。

 ヤクルトの奥村政之編成部国際担当次長、マローン、ロスマン両弁護士とともに記者会見場に姿を現したバレンティン。まずは奥村氏が「大変申し訳ありませんでした」とバレンティンと並んで深々と頭を下げたあと、硬い表情で本人がこう謝罪した。

「きょうこのような場を設けてしまったことを恥ずかしく思います。私自身のミス。家族、チーム、日本の皆さんに謝罪します。日本の皆さんがもう一度、私にチャンスを与えてくれることを願っています」

 司法手続きが続いているためとして、バレンティンからそれ以上の発言はなかった。事件の詳細については触れなかったが、同席した両弁護士は、「法に触れるようなことは何もしていない」と改めて無罪を主張した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事