楽天の「マー君資金」 生かすも殺すも松井裕次第

公開日: 更新日:

 楽天が17日、「マー君資金活用」の第1弾ともいえる本拠地・コボスタ(旧Kスタ宮城)の観客席増築と改修を発表した。

 昨季、楽天はチームの好調もあり、シーズン終盤にはおよそ2万3000人収容の本拠地戦のチケット完売が続出。球団は鉄骨むき出しの仮設席や立ち見席などで観客増に対応したが、それでも日本シリーズなどでは球場や周辺にファンが殺到。大混乱を招いた。

 そこで、楽天は三塁後方と外野席の一部に観客席を増築。今夏までにおよそ4500人分を増席する。原資はもちろん、田中将大(25)の移籍で入ってくる21億円の入札金である。

 が、これに意外にも地元メディアや財界関係者、球団内部から不安の声が上がっている。

 というのも、もともと楽天の本拠地は休日や交流戦の巨人戦などを除き、観客数はほぼ毎試合1万人台。昨季公式戦の1試合平均観客数も1万7793人にとどまった。04年の球団参入計画案で「収容人員2万8000人」を目標に掲げていたからといって、今回の増席分チケットが売れる保証は全くないからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る