「ヘトヘト」本田と「飼い殺し」香川で深刻なW杯への悪影響

公開日: 更新日:

 日本代表の大黒柱2人が所属クラブでパッとせず、日本代表チームに悪影響必至の状況である。

 ミランの「背番号10」MF本田圭佑(27)。日本時間2日早朝開始のセリエAトリノ戦に先発したが、見せ場なしで後半43分にベンチに呼び戻された。試合は1―1のドロー決着。地元メディアから「金髪以外に何も目立たない」「アイデアがない。停滞期」と酷評された。セードルフ監督は「ロシアよりもイタリアはサッカーが難しい。まだまだ時間を与えないといけない」と本田をかばったが、リーグ戦無得点が続けばフロントからもサポーターからもボロクソに言われ、どんどん立場は悪化していく。

 マンチェスター・ユナイテッド所属のFW香川真司(24)は、1月25日にスペイン代表MFマタが加入すると1日のストーク戦ではベンチ外の屈辱を味わった。

「心配性のザックは真っ青になっている」と、あるサッカージャーナリストが続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  7. 7

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  8. 8

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

もっと見る