「ヘトヘト」本田と「飼い殺し」香川で深刻なW杯への悪影響

公開日: 更新日:

 日本代表の大黒柱2人が所属クラブでパッとせず、日本代表チームに悪影響必至の状況である。

 ミランの「背番号10」MF本田圭佑(27)。日本時間2日早朝開始のセリエAトリノ戦に先発したが、見せ場なしで後半43分にベンチに呼び戻された。試合は1―1のドロー決着。地元メディアから「金髪以外に何も目立たない」「アイデアがない。停滞期」と酷評された。セードルフ監督は「ロシアよりもイタリアはサッカーが難しい。まだまだ時間を与えないといけない」と本田をかばったが、リーグ戦無得点が続けばフロントからもサポーターからもボロクソに言われ、どんどん立場は悪化していく。

 マンチェスター・ユナイテッド所属のFW香川真司(24)は、1月25日にスペイン代表MFマタが加入すると1日のストーク戦ではベンチ外の屈辱を味わった。

「心配性のザックは真っ青になっている」と、あるサッカージャーナリストが続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

もっと見る