本田の「肉声」もビジネスにするACミランの“商魂”

公開日:  更新日:

 声が聞こえない。セリエAデビュー2戦目で初ゴールを決めた本田圭佑(27)。その瞬間に何を思ったのか? 名門ミランの背番号10の重圧は? 慣れないイタリア生活はどうか? ぜひ聞きたいモノだが、現地8日の入団会見以来、本田の肉声はほとんどゼロである。

 新天地デビュー戦のサッスオーロ戦、初ゴールを決めたイタリア杯・スペツィア戦後、スタジアムから引き揚げる本田やミラン選手にメディア陣が、どんなに声を張り上げてもノーコメントだった。

「ミランが徹底した報道管制を敷き、選手は『受け答えはNG』と厳命されている」と某マスコミ関係者がこう続ける。

「ミランは《ACミランチャンネル》という公式HPを運営。英語、スペイン語、日本語、アラビア語、中国語など7カ国の言語で見られる。そのHPから練習風景、監督や選手のインタビューが動画で閲覧出来るようになっており、さっそくスペツィア戦をスタンド観戦したセードルフ新監督のインタビュー動画もアップされた。ミランの思惑は『メディアの露出を抑えることでACミランチャンネルの希少価値を高め、HPのアクセス数を増やしてユニホームやグッズをどんどん売りたい』というモノです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る