• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミラン本田 現地メディアの評価“乱高下”のナンセンス

 新天地ミランでの4試合目・イタリア杯準々決勝ウディネーゼ戦の本田圭佑(27)はベンチスタート。1―2で迎えた82分に交代出場してトップ下に入ったが、結局は見せ場なしに終わった。

 出場時間が短いこともあり、現地メディアの評価は「採点なし」。デビュー戦、初ゴールを決めたイタリア杯5回戦では低迷ミランの救世主扱いも、初先発して無得点のベローナ戦、そしてウディネーゼ戦と評価は乱高下。手厳しい論調が目立っている。

 セリエA入りしてからの本田はハードな日程に心身ともに疲弊。ウディネーゼ戦は「1試合フルに温存」される予定だった。

 ところが逆転されて敗色濃厚となり、業を煮やしたセードルフ監督は本田投入に活路を見いだすしかなかった。体調不十分でプレー時間も短い本田を酷評すること自体ナンセンスなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る