日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ミラン本田 現地メディアの評価“乱高下”のナンセンス

 新天地ミランでの4試合目・イタリア杯準々決勝ウディネーゼ戦の本田圭佑(27)はベンチスタート。1―2で迎えた82分に交代出場してトップ下に入ったが、結局は見せ場なしに終わった。

 出場時間が短いこともあり、現地メディアの評価は「採点なし」。デビュー戦、初ゴールを決めたイタリア杯5回戦では低迷ミランの救世主扱いも、初先発して無得点のベローナ戦、そしてウディネーゼ戦と評価は乱高下。手厳しい論調が目立っている。

 セリエA入りしてからの本田はハードな日程に心身ともに疲弊。ウディネーゼ戦は「1試合フルに温存」される予定だった。

 ところが逆転されて敗色濃厚となり、業を煮やしたセードルフ監督は本田投入に活路を見いだすしかなかった。体調不十分でプレー時間も短い本田を酷評すること自体ナンセンスなのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事