日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

冬季五輪競技 断トツ高コストはフィギュア、手軽なのは?

 メダリストになるために一番カネのかかる競技は? やはりフィギュアスケートだ。
 トリノ五輪金メダルの荒川静香が「5歳でスケートを始めて金メダリストになるまでの20年間で2億円以上使った」と話したが、コーチの年間契約料1500万円、遠征費500万円、靴代150万円(30万円・年間5足)、衣装代120万円(30万円・年間4着)、振付師に1曲当たり100万円…。大げさな話でも何でもない。

 ちなみに賞金はスズメの涙。GPで優勝170万円、GPファイナルでも優勝240万円だ。

 用具でカネがかかるのがボブスレー。大田区の町工場40社が造った4人乗り「下町ボブスレー」が有名だ。制作費は1800万円ということになっているが、無償協力分も多く、実際には「2倍の3600万円は下らない」(関係者)。

「年間遠征費1000万円と制作費の大半を寄付で賄い、個人出費はレーシングスーツ、シューズ、ヘルメットの計20万円ほど」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事